「死すら受け入れるのが愛」ビューティフル・ボーイ hyvaayota26さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ビューティフル・ボーイ

劇場公開日 2019年4月12日
全59件中、25件目を表示
  •  
映画レビューを書く

死すら受け入れるのが愛

家族の温かな愛で薬物から立ち直る話…ではなかった。意外にも。

誰も人を救うことはできない。全ての言葉を尽くしても語れないくらい愛していても。そんな残酷な現実を描く。本人がそれを選んだのなら、その死すらも受け入れ、幸せを願うしかできることはない。ニックは現在、「8年やめている」に過ぎず、ハッピーエンドは来ない。

バリキャリのキツめの女性のあとに自由な雰囲気のアーティストと再婚するのわかりやすい。部屋の趣味合わないしなんでもともと結婚してたんだろ。

幸福な家族が欺瞞に見えるお年ごろあるよね。世界の美しさと自分の醜さが不釣り合いな気がするんだ。

hyvaayota26
さん / 2019年4月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報