「現実を突きつけられる」ビューティフル・ボーイ andhyphenさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ビューティフル・ボーイ

劇場公開日 2019年4月12日
全59件中、28件目を表示
  •  
映画レビューを書く

現実を突きつけられる

アメリカの50歳以下の死因で最も多いものは「薬物の過剰摂取」だそうだ。それほど薬物が蔓延している国での、この実話。
おそらくきっかけもなんとなくだったのだろう。何の気なしに始めたのだろう。父親に大麻を差し出すシーンからして明らかに薬物が身近なものであるという国の事情もあるのだろう。
しかし、そこは沼だ。ティモシー・シャラメ演じるニックの瞳には光がなく、力がなく、そして何より自分がなぜこうなったのか説明できない。薬物依存における原因追及など意味がないと思ってしまった。個人の資質に帰することも無意味だ。おそらく誰にでも等しく依存のリスクは存在するのだ。
どれだけ息子を愛していても、沼に疲れ果ててしまう家族もリアルだ。スティーヴ・カレルの父親は理想の父親像ではあり、ある意味身体を張ってまでも息子を救おうとするが、次第に疲れ、迷う。そういう意味で変に美化せず、現実を突きつけた映画だったように思う。
薬物依存の主人公をダメ人間と断罪することもできるが、とにかく救わねば、という意識ができればよいし、そういう努力をしている人びとに捧げられた映画でもある。
スティーヴ・カレルは変幻自在だと思っているけれど、今回の父親役は暖かかった。強いわけではないけれど、”Everything.”ということばに文字通り全てがこもっていた。
ティモシー・シャラメはその美しさをある種逆手に取ったともいえる崩壊ぶりがリアルだった。立ち直っては崩れを繰り返すその姿が痛々しく、目を背けたくなる程だったが、それほど彼の演技は真に迫っていたということだろう。

andhyphen
さん / 2019年4月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報