劇場公開日 2019年2月22日

「想像力で没入する音声サスペンス」THE GUILTY ギルティ 映画野郎officialさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5想像力で没入する音声サスペンス

2019年10月11日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

『search サーチ』を観たときの衝撃と似ている。
全編ほぼ主人公である緊急通報指令室のオペレーターアスガーの表情のみが映っている画なのに緊迫したストーリーが展開していく。電話の向こうの一家の声だけで情景や人間関係が浮かび上がってくる。ヤコブ・セーダーグレンの細かな演技のうまさもあるか。小説やラジオドラマのような自身の想像力で楽しむ魅力がある作品。

もう少し推理的なサスペンスの展開を予感していて、クライマックスがやや唐突な印象だったが、逆に人間ドラマの複雑な結末が待っている。最後はじんわりと胸を締め付けられるテーマの映画だ。

また今回、新しい取り組みである映画をハブとしたコミュニティづくりとしても期待する会員制サブスク映画館「TheaterGuild」での特別上映会に参加。リラックスできるソファーやチェアの並ぶ落ち着いた空間でヘッドフォンでの鑑賞だったため、まさに主人公のオペレーターと同じように音声に集中して視聴できる没入感が効果的だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画野郎official
「THE GUILTY ギルティ」のレビューを書く 「THE GUILTY ギルティ」のレビュー一覧へ(全181件)
「THE GUILTY ギルティ」の作品トップへ