「若さゆえの判断能力の欠如」アメリカン・アニマルズ コージィ日本犬さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「アメリカン・アニマルズ」 > レビュー > コージィ日本犬さんのレビュー
メニュー

アメリカン・アニマルズ

劇場公開日 2019年5月17日
全43件中、36件目を表示
  •  
映画レビューを書く

若さゆえの判断能力の欠如

予告編だと、「学生版『オーシャンズ11』、犯罪の実話を映画化」みたいな煽り文句で、華麗な犯行なのかと想像したのですが、全然違いました。

2004年当時大学生だった犯人たち4人と被害者や家族が、40歳近い今に過去のことを語り、若い似た役者たちに再現させる方式のドキュメンタリー風の作品で。

若さゆえの「何者でもない自分」を認められず、「特別な人間である証明」「刺激によって変わる」という夢に惹かれて、自らの描いた「ご都合主義のストーリー」に固執。
犯罪に手を染めていく過程を丹念に描いていました。

所詮、人生経験も想像力もなく、稚拙で浅はかな計画、ありえないほど致命的な凡ミスの連続。
「若さ」とは「馬鹿さ」であり、正常な判断をすることが出来ない様を延々と見せつけられた。
非常にいたたまれなかったです。

コージィ日本犬
さん / 2019年5月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報