「次元が違う傑作」GODZILLA 星を喰う者 ここ空いてるやんさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「GODZILLA 星を喰う者」 > レビュー > ここ空いてるやんさんのレビュー
メニュー

GODZILLA 星を喰う者

劇場公開日 2018年11月9日
全120件中、54件目を表示
  •  
映画レビューを書く

次元が違う傑作

三部作の完結編が一番主張が際立っていた。

ゴジラという概念を使って人間の本質や普遍性について探求しようとした、他の怪獣映画には絶対に真似できない代物。

この作品の中でしか成立しえない価値観や世界観を生み出し、それがセリフを持ってして語られてくる。

役者では演技の上手い下手、イメージなどが介入するがアニメではそれらが干渉せず観賞し、解釈しようとする者と拮抗する。

まるでこの物語自体が神話のようでもある。

スタッフの皆さん本当にありがとうございました。感動し揺さぶられた心を持って明日を生きます。

ここ空いてるやん
さん / 2018年11月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報