「感動したけれど」ボヘミアン・ラプソディ タランティン・クエンティーノさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ボヘミアン・ラプソディ」 > レビュー > タランティン・クエンティーノさんのレビュー
メニュー

ボヘミアン・ラプソディ

劇場公開日 2018年11月9日
全891件中、124件目を表示
  •  
映画レビューを書く

感動したけれど

レビューや口コミでみんなが口々に「感動した」「泣けた」と言っていた。
だから僕はてっきり「フレディ・マーキュリーが最終的にエイズで死んでしまうから泣けるんだ」と思っていた。映画を観る前は。

実際には違った。
むしろ真逆だった。
フレディ・マーキュリーが、自分の生き方を生きたことに感動した。泣いた。

いつだって本当に胸を打つのは、人が死ぬということの悲しみではなく、人が生きるということの喜びと苦しみなのだ。
そのことを思い出させてくれる最高の一本だった。

あ、あとドルビーアトモス最高でした。

タランティン・クエンティーノ
さん / 2018年12月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 10 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi