劇場公開日 2019年5月10日

  • 予告編を見る

「シャイな彼女がポップアイコンになるまで」RBG 最強の85才 ローチさんの映画レビュー(感想・評価)

4.034
35%
57%
7%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0シャイな彼女がポップアイコンになるまで

ローチさん
2019年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

力強い反対演説がウケて、ポップアイコンとなったギンズバーグだが、実はかなり控えめな性格の人だ。この映画は彼女のシャイな部分がよく見える。しかし、芯はとても強い人であることもわかる。彼女は元々は中道左派の立場なのだと思うが、最高裁判事の構成が右に偏るにつれて、対抗するために発言が力強くなっていった。そうして気がつけばポップアイコンとなっていたわけだが、その過程はアメリカ社会が中道派を失い、両極化してゆく過程とも重なる。
男女同権を訴え続け、男性に不利な法律があれば、それすらも是正のために戦う彼女こそ真のフェミニストと言える。そして彼女の憲法遵守の姿勢をしっかり本作は描いている。「ブッシュVSゴア」のフロリダ選挙の再集計の裁判での彼女の行動は見事なものだった。あの時、ギンズバーグは表面的な思想ではなく、国を支える理念を守ったのだ。
「特別扱いはいらない、踏みつけている足をどけるだけでいい」この言葉が彼女の理念を見事に表わしていた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ローチ
「RBG 最強の85才」のレビューを書く 「RBG 最強の85才」のレビュー一覧へ(全34件)
「RBG 最強の85才」の作品トップへ