「80代の“ワンダーウーマン”は今日もダンベルを持ち上げる」RBG 最強の85才 regencyさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

RBG 最強の85才

劇場公開日 2019年5月10日
全14件中、14件目を表示
  •  
映画レビューを書く

80代の“ワンダーウーマン”は今日もダンベルを持ち上げる

本作製作のきっかけは、被写体であるルース・ベイダー・ギンズバーグが、アメリカで「ノトーリアスRBG」というニックネームで若者に熱狂的に支持され、ポップアイコン化したのを受けてのもの。
従って、当初は彼女の人気に便乗した側面もなくはない。
しかし製作過程で、アメリカでは、彼女が心血を注いできた様々な差別撤廃に反する事態が次々発生。
それによって、本作の製作意図に新たな大義名分が生まれたという点が面白い。

伝記映画『ビリーブ』でも夫の内助の功が描かれていたが、本作で本人の映像を観ると、実に良く出来た旦那さんだった事が伺える。
御年86歳になっても、“ワンダーウーマン”RBGは、今日もダンベルを持ち上げるのだ。

regency
さん / 2019年5月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報