「打ちひしがれる」七つの会議 茉恭(まゆき)さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「七つの会議」 > レビュー > 茉恭(まゆき)さんのレビュー
メニュー

七つの会議

劇場公開日 2019年2月1日
全339件中、45件目を表示
  •  
映画レビューを書く

打ちひしがれる

池井戸潤が面白くないわけがないので、もしもそれが駄作になるなら監督のせいとまで考えながら観に行きましたが、私こそ、この作品の悪であることを痛感させられましたw
サラリーマンには耳が痛い話でしょうし、萬斎さんのような人が居て欲しかったと涙する人も居ると思います。主要人物はすべて主役級の役者ばかりで、まさに日本版オーシャンズ。非の打ち所がない…と思ったらありましたね。坂田はなんでやつれてなかったんだろう?あんなお肌ツルツルで、健康的なプックリ体型。違和感でしかなかったです。
しかし福澤監督は、これで二作目ですが、まだハッキリとした色が見えないのがちょっと残念でした。

茉恭(まゆき)
さん / 2019年2月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報