「SF的破綻」フォルトゥナの瞳 kouhei1813さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

フォルトゥナの瞳

劇場公開日 2019年2月15日
全199件中、84件目を表示
  •  
映画レビューを書く

SF的破綻

出来の悪いSFを何とか脚色して恋愛ストーリーに持って行ったが、最後でSFに戻したため結局SF部分に足を引っ張られた感じだ。繰り返される墜落事故のリフレインは伏線のつもりだろうが、これは葵に違いないとネタバレすることになるし、足の不自由な医者もちょとは匂わせているのかもしれないが、同じ生き残りとしておいた方が納得がいったのではないか。そうなるとストーリー的に矛盾が出てくる、被害者の会等があるはずで犠牲者同士が知らないはずがないし、それに同じ能力をもつ葵の行動にも矛盾が生じこの物語は破綻してしまう。ちょっと不思議な物語としてタモリの世にも不思議な物語どまりにしておいた方が良かったのではないか、それにテンポも冗長すぎる。それと斉藤由貴が魅力的で二人だけの場面が多いので不倫物語にならないかとひやひやした。

kouhei1813
さん / 2019年2月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報