「時間がない、ということ。」こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 N.riverさんの映画レビュー(感想・評価)

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

劇場公開日 2018年12月28日
全151件中、89件目を表示
  •  
映画レビューを書く

時間がない、ということ。

主人公の人生には残された時間が少ない、というのは周知のとおり。だがちょっと引いて考えてみたなら、それはいつか必ず死ぬ人間、誰もが同じだということ。主人公はとりわけ喫緊、差し迫っているせいで究極の近道。欲望に忠実で、思いに率直なだけだ。
だから主人公の生き様は障害者に限らず、ボランティアとしてつきそう健常者にも通ずる。
病気だろうと健康だろうと、あなたは限りある命の時間を真剣に生きているか。
自立も目的も、夢も迷惑をかけることも、問いかけてくる作品だった。

こういった作品においてタブー視される事象にふれてみたり、同情をさそうような描写がなかったことは本当に天晴。
スカっと切なく感動できる作品。
意外とアツい系。

N.river
さん / 2019年1月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 7 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi