劇場公開日 2019年8月23日

「自分でまいた不条理な種を自分で刈り取るダビデ」ドッグマン regencyさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0自分でまいた不条理な種を自分で刈り取るダビデ

regencyさん
2019年8月9日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

難しい

デカくて粗暴な友人(と一応は思っている)にいいように扱われる気弱な主人公を、どうしようもない不条理が襲う。
主人公を演じるマルチェロ・フォンテが、例えるならMr.オクレにアンガールズ田中のエキスを注入したような、実生活でもいじめられまくってきたのではと思えるほど、実にイイ顔している。
ついでに言うと、開始冒頭で出てくる犬も実にイイ顔している。

主人公に降りかかる不幸は、欲に目がくらんだが故の結果でもあるので、そういう意味では自業自得な面もある。
だからこそ彼は、落とし前として自分でまいた不条理な種を、自分で刈ろうとする。
ひ弱なダビデが巨人ゴリアテに小石で立ち向かうように、主人公はデカい狂犬を手なずけようと、ある物を用いる。
道は踏み外してしまったかもしれないが、彼はそこで初めて独り立ちするのだ。

それにしても本作といい、先日観たフィンランドの『アンノウン・ソルジャー』といい、ヨーロッパはどうしてもこうも観終わってダウナーな気分にさせてくれる映画づくりが上手いのか…

より詳細なレビューは↓
https://cinemarche.net/drama/dogman-matsu/

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
regency
「ドッグマン」のレビューを書く 「ドッグマン」のレビュー一覧へ(全37件)
「ドッグマン」の作品トップへ