愛唄 約束のナクヒト 特集: 【「キセキ」を見たなら絶対ハマる】映画プロジェクト第2弾ついに公開!…

ホーム > 作品情報 > 映画「愛唄 約束のナクヒト」 > 特集 > 【「キセキ」を見たなら絶対ハマる】映画プロジェクト第2弾ついに公開!…
メニュー

愛唄 約束のナクヒト

劇場公開日 2019年1月25日
2019年1月21日更新

【「キセキ」を見たなら絶対ハマる】映画プロジェクト第2弾ついに公開!
今度は脚本をGReeeeN自ら──“前作”を超える物語! 感涙! 純愛!
今明かされる、名曲「愛唄」に秘められた“誰も知らなかった”《真の思い》!!

画像16

若者の“代弁者”であり続ける人気グループ「GReeeeN」が、再び“泣ける”映画を作り上げた――。ヒット作「キセキ あの日のソビト」に続くGReeeeN×映画プロジェクト第2弾「愛唄 約束のナクヒト」(1月25日公開)は、GReeeeN自ら清水匡と共同で脚本を手がけた渾身の一作。なんと、名曲「愛唄」を書くに至った“思い”を掘り起こし、映画へと新たな命を吹き込んだレアな作品なのだ。余命わずかと告げられた青年の“最期の恋”が教えてくれる、生の輝き――「キセキ」を超える“愛”に包まれる。


恋を思う、すべての人へ──名曲「キセキ」の次は神曲「愛唄」
チーム再結集&GReeeeNが紡ぐ《実話エピソードから着想を得た物語》

画像17

興行収入約15億円のスマッシュヒットを記録した「キセキ」から2年――ファンの期待をはるかに超える“新章”が、ついにやってくる! 今回は、GReeeeNの代表曲「愛唄」の“映画版”と呼ぶにふさわしい内容。ファンの誰も知らなかった「愛唄」に隠された“思い”が、映画という形で描かれるのだ。

画像18

命の残り時間を懸命に生き、恋に全力で駆け抜けていく青年と少女、2人を見守る元バンドマン――彼らの物語が、どう「愛唄」へと繋がっていくのか? 名曲に隠された、GReeeeNが本当に届けたかった“メッセージ”とは?  最後に明かされる、感動の真実――。きっと映画を見た後は、聞きなじんだ「愛唄」が、まるで異なる響きで耳に届くはずだ。

画像19

「キセキ」のチームとGReeeeNが紡ぐ今回の物語は、誰かを本気で好きになったこともなく、毎日を淡々と過ごしていた青年トオル(横浜流星)が余命わずかと告げられたところから始まる。どん底のなか、元バンドマンの旧友・龍也(飯島寛騎)との再会や、数奇な運命を経て出会った少女・凪(清原果耶)の姿に勇気づけられたトオルは、全力で“今”を生きようと前向きな勇気を得ていくのだが……。エモーショナルな“恋”と“命”のストーリー、映画を美しく彩る「愛唄」の不変の“チカラ”に、きっとあなたはあふれ出る涙を止められないに違いない。


画像20
画像22

【“前作超え”を保証】GReeeeNが、本作で提示する新たな《7つのキセキ》
本当に伝えたかった“思い”とは? 「愛唄」の“真の意味”にきっと涙する!

GReeeeNのファンはもちろん、「キセキ」を見て彼らの魅力にハマった方々には、本作が特別な意味合いを持つだろう。“前作”は名曲「キセキ」の誕生秘話だったが、今回は完全なるオリジナルストーリー。誰も予想できない“中身”と“結末”は、映画館でないと見ることができない! 一足先に試写会で鑑賞したファンたちからも反響がすさまじく、「感動した」という声が続出! 高い満足度が得られることは、もう間違いない。ここでは、読めば作品をもっと楽しめる、7つの「注目ポイント」をお届けする!


画像23

画像31

試写会(2018年8月19・20日実施)の参加者からは、「すごく感動した」「『愛唄』を聞くたびに思い出して泣きそう」「歌詞の意味を改めて考えた」といった、感極まった声が続々と寄せられている。命の“大切さ”と“輝き”について真摯に向き合った本作は、すでにファンのハートをがっつりつかんでいるのだ。


画像32

ラブストーリーをテーマに、楽曲を製作した際の情熱を呼び起こして開発された脚本は、約20稿にまで及んだ。実際に演じたキャストたちも、脚本を読んだ際には感極まって泣いてしまったという。共同脚本として映画脚本に挑戦したGReeeeNは、「この映画を見てくれた方にきっと輝いて欲しい、ずっと恋をして欲しい、いまを生きて欲しい。そんな思いを清水匡さんとタッグを組んで脚本にしてみました。僕たちにとっての新しい挑戦が、皆さんの何かのキッカケになれたらと願っています」と熱い思いを吐露。「キセキ」に続きプロデューサーを務める小池賢太郎は、「彼ら自身の物語と、彼らが自ら発信する物語には、大きな違いがある」と本作の“プレミア感”を強調。両者の進化したタッグに期待が高まる!


画像35

映画を極限に盛り上げるのは、やはり「愛唄」。最高のシチュエーションで流れる仕掛けになっており、見れば感動に震えてしまうだろう。さらに、主題歌「約束 × No title」は、脚本・音楽・主題歌を手がけるGReeeeNが、本作の主人公トオルと、ヒロイン凪の目線で書き下ろした。加えて、現役高校生バンド「No title」のボーカル・ほのかがフィーチャリング参加。2017年にLINE社主催のオーディションでグランプリに輝いた超大型新人が、新鮮な驚きをもたらす!


画像36

運命を変えた詩の作者・凪、そして旧友・龍也との交流を経たトオルは、「限られた命」だからこそ、「今」を大切に抱きしめて生きていこうと決意。一方、凪と龍也も、トオルに背中を押され、新たな一歩を踏み出していく――。3人の運命が重なり合ったとき、「愛唄」という“キセキ”が生まれる、そのドラマティックな道のりとその先に待つ感動を、ぜひ劇場で見届けてほしい。


画像28

誰かを大切に思う気持ちに気づいたトオルと、トオルの“光”となり、生きる意味を与える凪。過酷な運命に翻ろうされ、幾多の試練に見舞われながらも「恋する気持ちをやめない」2人のピュアな姿に、思わず涙がこぼれる。切なくも美しい恋の行方を、「愛唄」がエモーショナルに彩る。


画像29

GReeeeNが構築した世界観を体現したのは、今熱い注目を浴びる若手実力派の3人。「虹色デイズ」の横浜流星、「3月のライオン」の清原果耶、「仮面ライダーエグゼイド」の飯島寛騎が、まっすぐな演技でキャラクターに真実味を与えた。さらに飯島は、キーポイントとなる歌唱シーンをリアルにするため、2カ月間ギターの猛特訓と歌唱練習に明け暮れたという。彼らの本気が、見る者の心を強く揺さぶる。


画像30

ただの「泣ける」話では終わらない! この映画には、ある大きな“仕掛け”が施されており、最後まで見ると感動が幾重にも増幅するつくりになっている。ラストに浮かび上がる、GReeeeNが映画を通してどうしても伝えたかった“感情”――。「愛唄」と共に、いつまでも心に残る1本になるだろう。

関連コンテンツ

インタビュー

横浜流星×清原果耶×飯島寛騎、GReeeeN共同脚本作で感じた“ピュアな感動”
インタビュー

4人組ボーカルグループ「GReeeeN」のヒット曲「キセキ」が生まれるまでを描き、興収14億9000万円のヒットとなった「キセキ あの日のソビト」に続く、新たな映画が誕生した。2007年に発売後、長く親しまれてきた「愛唄」のもう一つの...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す