サスペリアのレビュー・感想・評価

メニュー

サスペリア

劇場公開日 2019年1月25日
2件を表示 映画レビューを書く

彼女はチョイ役。

Who are you ?
For whom were you anointed ?
-Which of the Three Mothers ?
Mother Suspiriorum.
-I am she.

この映画サイト、映画.comは、誤認が多くジョセフ・クレンペラー心理療法士役の人が、ルッツ・エバースドルフになっているが、そのような人はおらず、映画製作者が話題作りのために作られた架空の人物で、この映画に出ている人が一人三役をこなしているいわば、監督の遊び心のあるものとなっている。しかし、アップにすると多少違和感もある。
最後に出てきた裸のボディスーツを着て、登場したのははっきりしないが、クロエ・グレース・モレッツなのか?もしそうならばチョイ役に参加したということか?最近女優をやめるとか宣言してお騒がせな体重をダコタ・ファニングと同様に管理をしなければならない一人なのに.....。

“Who dares misery love
and hug the form of Death?
Dance in Destruction’s dance
To him the Mother comes.”

というインドの宗教学者Swami Vivekanandaが、言うようににこの映画と結びつくものがあるのだが、はっきり言って女性がほとんどの登場人物でラストの狂乱シーンは、シナリオのどんでん返しで有名なM・ナイト・シャマラン監督のお株を取ってしまっているということか?
制作したのがアマゾン・スタジオでアメリカのアマゾンではすでにネット配信がなされているので、生のレビューが見れるので、参考にすることもできる。ただし、日本のアマゾンは自身が言うように「アメリカのアマゾンは、別会社ですから。」とうそぶいても平気なお金をかけずに儲けに走っている。
はっきり好き嫌いの分かれる映画と言ってもよく、評価をあてにできないもので、はまる人は、はまるのではないかと言えるかもしれない。

Naaki
Naakiさん / 2019年1月19日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

雰囲気だけで退屈に感じた

最初の一時間半はストーリーがどうのよりも、予告の雰囲気だけで映画がタラタラ進み、ドラマがほぼない為前半はかなり退屈に感じた。
クライマックスは一気にド変態キチガイ映画へと変身し、こんなに豪華キャストでここまでやるのにはかなり驚いた。
でも、ハッキリ言ってこの上映時間は長すぎ。上映時間の半分以上は雰囲気の為の長さだったりで、ストーリーとはなんの関係もないシーンばかりのてんこ盛りで、実は結構中身がスッカスカ。エピローグで明かされるあれこれも付け足しの様で腑に落ちない。実物はゴア描写のみ、、かな?それと、これは「サスペリア」のリメイクというよりは「赤い影」のリメイクに近い。赤い影の冒頭シーンが永遠続く感じ

yotaro okada
yotaro okadaさん / 2018年10月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 3 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi