劇場公開日 2019年5月24日

空母いぶきのレビュー・感想・評価

2.7489
14%
32%
20%
8%
26%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全489件中、1~20件目を表示

3.5良くも悪くも日本の現実であり、邦画の現実

2019年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

知的

中国が敵でなくなったのは、多様な出資者から製作費を集めなければいけない点からも、マーケティングの観点からも致し方ない。むしろ憲法9条と自衛隊の存在や、専守防衛のあり方など、娯楽映画が避けがちな難しい題材を正面から扱った点には敬意を表する。

海上、海中、空中での戦闘の描写も、邦画では健闘した方だ。CG制作のコストダウンも一因だろう。ハリウッド製の戦争大作には見劣りするが、製作費も市場規模も桁が違うのだから。

ただ、脚本と演出には課題も多い。邦画アクションやサスペンスの悪習ともいうべき、流れと緊迫感を断ち切る説明台詞、理想論、思い出話…。135分が一層冗長に感じられる。

国民の反応の描写も、街頭で報道を見る人々のショットが少しあったほかは、ほぼコンビニ店内の様子だけというのも手抜き感。店長は“平和ボケの象徴”だろうが、客が殺到してるのに居眠りしてたりとか、キャラもエピソードも嘘くさい。

コメントする (コメント数 5 件)
共感した! (共感した人 83 件)
高森 郁哉

3.0自衛官の皆さん、心も体もご無事であります様に。

2020年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

興奮

「もし、専守防衛の日本が他国から攻められたら?」
と言う問いに、映画の中の自衛官は
国際社会の世論が味方についてくれる様に
一人一人の命を守りながら最小限の応戦をすると言う
ギリギリの決断がくり返される。

その姿は本当に涙ぐましい!!

一人目の「戦死者」が出た時に慌てふためく首相や官僚たち。

戦争映画を観すぎたせいで、
映画の中の人の命の重さが麻痺しがちな
中途半端な映画好き的には、そのシーンは
逆の意味で印象的であり、
実際に他国との戦闘で自衛官が亡くなったら
そりゃもう日本は大騒ぎだと思うわ。

緊張感が半端なく前半は否応無しに引き込まれて行きます。

で、月に8回程映画館に通う中途半端な映画好きとしては

公開当時
「かわぐち かいじ氏の作品には一見の価値があるが
平和ボケの私や日本人にちゃんと届くのだろうか?」
と、かなり懐疑的で映画館では鑑賞しなかったのだけど
私の持論である
「大きなものが動く作品は映画館で観ないと意味がない!」
の通り、やっぱ映画館で観ておくべきだった!!

映画の三分の一を占めるのは大きな空母や
護衛艦、潜水艦が動く様子であり、
そこはやっぱり映画館でないと勿体無かった。

後半のいわゆる政治的決断の部分で
そこは、若干希望的に過ぎると思うし
国連軍の中のあの国が本当は黒幕じゃね??
みたいな気分になりますが
そこに突っ込んだら気の毒な気がする。
落とし所がないもんね〜〜

そこよりも、実際の自衛官の皆さんの
日頃の訓練や警備活動の苦労に
思いを馳せて観て欲しい。

奇しくも、今、2020年7月、
中国からの船が尖閣諸島周辺の海域に
連日侵入していると言うニュースが流れている。

どうか、自衛官の皆さん、
心も体もご無事であります様に。
その思いを込めて星三つです。

==========
いつも「共感!」やフォローをありがとうございます。
人の感想を読んでしまうとすぐ影響されてしまうので
他の方の感想はあまり拝見していないのですが
「共感!」やフォローには本当に感謝しています。
いつもありがとうございます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
星のナターシャ

4.0あるかもしれない現実の世界

まおさん
2020年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

まず、原作を読んでいない中でこの映画を見たので、純粋に楽しめたと思う。
現実に起こるかもしれない戦争は、こんな風に現場での葛藤や矛盾と戦いながら、限られた人の判断で進んでいくものなんだと思う。
ある意味で言えば、この映画は現実よりもずっときれいでというより、きれいごとで終わっている。
東日本大震災でも体験したことだが、映画よりも現実に起こることの方が、もっと非情だし、バタバタだし、救いようがないことが起きる。
とりあえず、今の私たちは、この映画を観て、ある程度起きるであろうことを想像するしかない。
原作と比べてどうかとか、佐藤浩市さんの発言が不適切とか、そこに目を向けてこの映画を観るより、いつ起きてもおかしくない、いつかくる現実を想像し、その時のために自分は何を判断するのか考えた方が、この映画を観る意味があると思う。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まお

3.0こんな簡単に侵略者が引き下がるとは思えない

2020年7月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

リアルな侵略者には通用しないのでは無いか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あっちゃんのパパと

1.5リアリティがないストーリーに残念

2020年7月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

かわぐちかいじ原作漫画の実写化。期待していたのだが公開時に見逃した作品だがWOWOWにて視聴。テンポがない展開にちょっと退屈。敵があまりにもお粗末でリアリティが無い。お金を払って見なくて良かったと思ってしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミネルバ250

5.0一人一人に突き刺さる深いテーマのその先に。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

戦争をしない日本の自衛隊が正体不明の相手から先制攻撃を受けたらどうなるか。

そのことを国民一人一人に否応なく、自分の頭で考えることを求める、大変よくできた映画でした。
それでもなお、人命を至上で守れるのだろうか、と。

映画の公開直前に、大量のネガティブキャンペーンが打たれました。
やれ首相役の俳優が首相の下痢を揶揄しているとか、なんだとか、かんだとか。
この風景、昔、見た記憶、デジャブを感じたのでした。

ある作品に不当に悪いイメージを貼り付けて、国民がなるべく触れないようにと行われるキャンペーン。
昔、さだまさしの「防人の詩」が散々にネガティブキャンペーンを受けて潰された、あの事例にたいへん良く似た臭いを感じたのです。

国民一人一人が、自分の頭で考えること、を極端なまでに恐れている者たちが暗躍しているのでしょう。

ただ、その手口が通用したのは、マスコミだけが声を持つ時代までだったのだと、この映画を観て、感じたのです。
ぜひそういう観点から、この映画に関するマスゴミの悪あがきを観察してみると興味深いと思います。

もちろんこの作品は、ハリウッドの戦争娯楽の世界とは懸け離れた映画で、爽快感のかけらもありませんが、ぜひ自分の眼で観て、頭で考えてみるべきテーマを突きつける、そんな作品だと思うのでした。

なお、敵国「東亜連邦」とは、どこのことなのでしょう。
映画に国名が出てきたのは、米中露英仏とフィリピンですから、これらの国々は東亜連邦「ではない」わけです。

映画中で、隣国なのに一度も国名が出てこなかった二つの国かありました。
もちろん東亜連邦の捕虜役は東南アジア系の役者を使っていましたけど、そういうことなんだろうな、と一人で合点していたのでした。
高麗連邦……なのかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

0.5まぁおそまつ

2020年7月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

皆さんがおっしゃっている通り、何より原作通りにやれないのならやらぬがまし的内容。
時間の無駄とはいえ、鑑賞せずには感想も述べられないので。
まぁ如何せん内容が…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
すまうと本

2.5もう少し迫力と緊迫感が欲しい

2020年7月9日
iPhoneアプリから投稿

 日本映画としてはガンバッたと思うけど、迫力がもう少し欲しかった。いぶきの中での隊員達の人情っぽい遣り取りに緊張感があまり感じられず、、、いちばん違和感あったのが2人の記者。100社の中から選ばれたにしては緊迫感がまるで無い。しっかり仕事してる感が全然無い。あんな緊急事態になって大変なスクープなのに、何故にあんななの???もっとちゃんとリポートしてよ!パソコン、ケータイ、その他諸々使えない状況だとしてもメモくらい取れるでしょ😩
映像的にキレイどころが欲しかったのかもしれないが、話の内容からすると軍事に精通したむさ苦しいくらいの記者のが良かったのでは?斎藤由貴の編集長?もピンとこない。
 東亜連邦という架空の国にしたあたりはなかなか面白い。(戦艦に旗がなかったり、国名を出さないとか配慮しすぎな気もするけど、仕方ないか💦)一歩間違えばこうなり得るかもしれない、という今の時代に合った映画だとは思う。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
アンディぴっと

2.0単なる絵空事にしか見えない

ちゆうさん
2020年7月4日
Androidアプリから投稿

ここまで原作をねじ曲げて製作する意味があったのだろうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ちゆう

2.0もったいない挑戦

さん
2020年7月3日
スマートフォンから投稿

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
梅

3.0記憶を無くした総理がコンビニ店長をやってた感じ?

kossyさん
2020年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 憲法九条や専守防衛の問題を叩きつけたかのような作品。原作も読んでないし、あまり興味もなかった作品でしたが、むしろ戦争をいかにして避けるかという命題を訴えてくる気概だけは感じられました。

 ミリタリーファン、戦争映画ファン、平和主義者、どの視点で見ても中途半端なのはしょうがない。カッコよさだけを追求するなら戦闘機の離発着も必要だろうし、悲惨さをアピールするには現場が火災の起きた護衛艦はつゆきだけだったし・・・何はともあれ、空母のスケールが小さかったことが残念なところ。

 多くの方が批判するコンビニシーンも平和であることの対比に他ならないが、それよりも新聞社が穏やかすぎるのも良くなかった。一般人ももっと緊張感ある演技が必要だと思う。しかし、憲法を重んじる佐藤浩市演ずる総理は立派だったし、西島秀俊と佐々木蔵之介も良かったと思う。もちろん、功を奏したのは外交術。

 初島の位置もちょうど日本の領海から外れているフィリピン海だし、敵国である新興国カレドルフによる東亜連邦というわけのわからぬ国だし、かなり忖度も入っているのだろう。とにかく、専守防衛の意味を考えさせられる作品でした。こんな日本なら住みたいと思うよ。

コメントする
共感した! (共感した人 16 件)
kossy

0.5考えてあり得ないことばかり

2020年7月1日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ユズポン

3.5戦闘と戦争

2020年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

遠くない未来の日本、民族主義の国が南の日本領土の島を占拠、海上保安庁職員を拉致する。
自衛隊は空母いぶきを旗艦とする艦船を派遣する。
日本政府は外交努力を続けるが、同乗していた記者が映像を配信したため、日本社会は大混乱。
中井貴一の役割が分からなかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5踏み留まる覚悟

2020年6月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
しゅうへい

2.5西崎さんは、あのキャラしか演じられないの?格好良いとは思うけど。

よしさん
2020年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

架空の未来。日本領土の孤島を占拠した某国軍隊に対峙する、自衛隊員の闘いと苦悩を描く物語。

原作は未読です。
架空戦記の第一人者であるかわぐちかいじ氏原作だけあって(?)、戦闘シーンやそのシチュエーションは緻密で迫力を感じました。

ただ、それでも中途半端な印象を強く持ちます。
憲法問題を絡めた苦悩を描くなら、もっと厳しいやり取りがあっても良かったように思えます。
例えばクリムゾンタイドのジーン・ハックマンとデンゼル・ワシントンようなやり取りを。
例えば13デイズで、偵察機のパイロットに「戦争が起きるから落ちるな」と大統領補佐官が伝える緊迫感を。
この作品でいえば、『「戦争」と「隊員の危険」を天秤にかけて苦悩する指揮官』という描きが殆ど見せられておらず、映画全体を軽い物にしたように思います。

戦闘シーンだってもっと迫力を出せたはす。中途半端な苦悩を「サクッ」と削ってしまえば良いのです。

配役にも疑問が生じます。
特に、記者二人が致命的です。いえ、二人の組み合わせが致命的、という言い方が正しいのでしょう。
空母に乗り込む記者としては厳しさの欠片も見えない二人。どちらかが厳しく、どちらかが惚けた味を出せればコントラストが出て良かったかもしれませんが・・・女性記者のバックボーンに何かしらあるのかも知れませんが、映画上は描かれていませんし。

と言うわけで、私的評価はやや辛口です。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

4.0国籍不明の武装勢力に領土の一部を占拠された日本。 不法な侵入は排除...

省二さん
2020年6月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

国籍不明の武装勢力に領土の一部を占拠された日本。
不法な侵入は排除しなければならないが、戦争は絶対に避けなければならないという、憲法9条の制約に葛藤する政府と自衛隊員たちの姿に引き込まれる。
自国はもちろん、相手国の人間の生命も守るということを常に意識しており、単なる戦争映画とは一線を画している点を評価する。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
省二

1.0日米安保を締結している日本に攻めてくる国などある訳がない

馬券師さん
2020年6月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

言いたいことが分からないわけではないが現実離れしすぎ。
平和ボケの国らしいお目出度い作品。
ここまで堂々とお花畑の空想を見せられるとこっ恥ずかしい。
世界は一家人類は兄弟なんてお題目が通用するのは日本だけ。
人類は仇同士世界は紛争の巷が世界の常識。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
馬券師

4.0もしも日本が戦闘を受けたら

KMKさん
2020年6月28日
Androidアプリから投稿

本当に日本が何処かの国に戦闘を受けたら、こんな状況になるのかと考えさせられました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KMK

4.0これが現代戦闘か…

tunaさん
2020年6月27日
iPhoneアプリから投稿

あっと言う間に時間が過ぎるスピード感だった。
訴えたい深みは十分に伝わってきた。
どのキャストもいい味出してた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

0.5コロナ禍後に見るとまた違った意見が出そう

2020年5月23日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
飼い猫もちもち
「空母いぶき」の作品トップへ