「惜しいなぁ、もうちょっと」洗骨 ちゃんぷるーさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「洗骨」 > レビュー > ちゃんぷるーさんのレビュー
メニュー

洗骨

劇場公開日 2019年2月9日
全33件中、11件目を表示
  •  
映画レビューを書く

惜しいなぁ、もうちょっと

いいストーリーだと思うけど、ラストがもう少し余韻が欲しかったなぁ。
鈴木Q太郎のギャグはチョイチョイイラついた。
こんな風習が今も日本に残って、洗骨に託す想いややり方を映画の中で学べたのは興味深かった。沖縄の海や三線の音色が心地よい

いつもは助演の大島蓉子がこの映画では厳しくも優しいおばちゃんでバラバラな家族たちを導いてくれていて勇敢で頼もしかった。

老いて弱くなっていく父親の奥田瑛二、父親の事を「この人」と言う筒井道隆の親子の逆転もハッとさせられた。

大人になった僕たちは自分のルーツや親、兄弟を意識してすることは、もしかすると家族の誰かが死んだり、法事の集りの時にしか感じられなくなっているんだなと現実を感じ、なんとなく切なくなる作品でした。
帰れる場所があるっていうのは、何度も再生してやり直せるんだなと教えてもらえた。

ちゃんぷるー
さん / 2019年2月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報