劇場公開日 2018年5月5日

  • 予告編を見る

「ノワールの底にあるのは哀しみ。」名もなき野良犬の輪舞(ロンド) Haruさんの映画レビュー(感想・評価)

3.626
19%
51%
24%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5ノワールの底にあるのは哀しみ。

Haruさん
2020年1月15日
iPhoneアプリから投稿

追い詰められた人間の生き抜く術は人を信じぬことだ。
そんな言葉を吐き捨てながら生きていくことは辛いことなのだ。犯罪に手を染めるきっかけは人それぞれ違う。でも共通することは哀しみなのだろう。
歓びは簡単に共感できるが哀しみには共感を見出すことが極めて難しい。其々の哀しみの種類は千差万別で複雑過ぎるからなのだろう。
この映画のこの哀しみの感情の共通項は何か?

それを命題にスタイリッシュにコミカルに物語は作られている。

韓国ノワール映画は新しい展開を見せはじめている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Haru
「名もなき野良犬の輪舞(ロンド)」のレビューを書く 「名もなき野良犬の輪舞(ロンド)」のレビュー一覧へ(全26件)
「名もなき野良犬の輪舞(ロンド)」の作品トップへ