劇場公開日 2019年7月6日

  • 予告編を見る

こはくのレビュー・感想・評価

3.321
12%
49%
29%
8%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全21件中、1~20件目を表示

3.5車谷浩司のエンディングテーマがこはく

2020年8月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

3.5長崎色

tunaさん
2020年7月22日
iPhoneアプリから投稿

舞台となった長崎由来の人には刺さったんだろうなぁ
井浦新は別格として、アキラ100%は意外にも熱演だった。再会シーンはほろっと泣けました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

4.0日常

2020年5月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

生きているといろいろあるけれど、後でふりかえると全てこんなふうな日常に埋もれていくのかもしれません。
端から見ているだけではそれとわからなくても、いろいろな人がいろいろな人生を抱えているんだなと思わせる映画でした。
静かで優しい気持ちにさせてくれました。
アキラさん、お盆芸も好きですが、役者としてこれからもっと活躍して欲しいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
すずらん

3.0何故、このタイトル?

トタ助さん
2020年4月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

小さい時に家を出た父を兄と一緒に探す話。自身も離婚をしており、二人の息子がいるが会っていない。父と自分を重ねながら話は進む。
本人が、どういった経緯で離婚したのか、何故、息子に会いに行かないのかが述べられてないので、父と自分をどう重ねてるのかがイマイチ理解出来ない。
危ない店に入っていって探偵のフリをするとか、探してる途中でイチイチ女性を口説くとか、このシーン必要?って場面が多い。
井浦新さんの演技はとっても良くて好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
トタ助

3.5父の半分

2020年3月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

長崎でガラス細工工房を営む主人公(井浦新)はバツイチ、前妻との間に男の子がいる。
今の妻が妊娠、幼い頃に自分を捨てた父のことを思い出す。
そしていい加減な兄と共に父を探し始めるのだが・・・。
家族にもいろいろある。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5セピア色と琥珀色の違い・・・やぐらしか!

kossyさん
2020年3月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 一緒だと思っていたセピア色と琥珀色。亮太(井浦新)の思い出はセピア色だった気もするのですが、琥珀色とはもっと明るく黄色やオレンジ色が強いらしい。彼の父親像は5歳の頃に両親が離婚し、正確な顔を思い出せないでいて、思い出のシーンでは常に自分の顔になっているのです。なんだか、ただ父親とそっくりなのだと感じてました。

 「捨てられた」とずっと思い込んでいた亮太。父親探しに熱心だったのは兄の章一(大橋彰)のほうだった。怪しい情報ばかりで、たまに嘘を交えてしまう章一。母親と一緒に住み、定職にも就かずブラブラしていた兄。銭湯のシーンではアキラ100%だけにやはり股間に目が行ってしまう・・・

 かなり直球勝負のストーリーなだけに伏線が良ければいい作品になったと思うのですが、やはりストレートすぎた。しかも偽情報によって余計なエピソードもいっぱい。嶋田久作って、何か意味があったのだろうか?それにしても鶴見辰吾と鶴田真由のツルツルコンビってトレンディドラマ全盛の頃に共演していた気もするけど、何も見つかりませんでした。『日日是好日』だけなのかな・・・

 最後は思いっきり泣かされました。アキラ100%が呼吸困難みたいにぜーぜーしながら泣くもんだから心配になってしまいました。さーて、次は『長崎ぶらぶら節』でも見ようかな♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kossy

3.0うん。目がいい。

かりぶさん
2020年2月10日
iPhoneアプリから投稿

アキラの目がいい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かりぶ

3.5優しさに 孤独まとわす ナラティビティ  ※無季にて失礼!

2019年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ねぇ、私が生まれた時
パパはどんな気持ちがした?
遠くでおんなじ夕日を見ているの?
まぶしすぎて歩けない

突然の天気雨 世界中が反射する
歌いはじめるように

降るプラチナ 降るプラチナ
この胸に降り注ぐ
まだ孤独を まだ知らない頃に
こんな景色を予感していた

フイルムの夕日は銀の色
忘れていたやさしい日々
降るプラチナ 降るプラチナ
ただ人を愛したいだけ

いつ会えるの? いつ心に…

新居昭乃 / 降るプラチナ より抜粋

子供はどうしても母親の方になつく。
それは生まれて最初に接するのが母親だから。
多くは母親の腕に抱かれて乳幼期を過すのだから。
そして父親は金銭面や環境を整え、支える。

そんな当たり前なことなんですが
子供の頃は多分、
父親の役割をいまいち理解していなかったりして
ありがたみを感じたのはきっと、
自分が幾分か歳を重ねた頃でしょう…

そんな、家族における微妙な立ち位置であった
父親像を掘り下げて、横尾監督自身の経験をまみえて
作品に投影したのでしょう…

幼い頃のおぼろげな父の面影を
今の自分に重ねる主人公の男性

父に向けた嫌悪感が、罪悪感となり自身に向けられる

《人生での再開は、人生の再出発》

父を許すことで自分も救われる

そんなナラティビティが込もった作品

琥珀の宝石言葉 ・・・ 「誰よりも優しく」
         「家族の繁栄」「大きな愛」

ナラティビティ(narrativity)・・・事実に基づく物語性のこと

アキラ100%こと大橋彰さんの人間臭い演技も好印象でしたが
やはり井浦新さんファンのわたしにっとては
アラタ100%堪能作品でした♪

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
野々原 ポコタ

3.5難しかった。

miyabiさん
2019年10月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
miyabi

4.5【自分達を”捨てた”父を探し続ける息子達 父と息子の関係性を考えさせられる作品】

NOBUさん
2019年10月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 幼い頃、父に”捨てられ”、母親に育てられた兄弟が30代半ばになり、父を探し続ける姿を描く中で、父と息子の関係性を実に鮮やかに描き出している。

 今作を見ている途中、屡々私と父との関係、私と息子の関係が頭を過った。
良好な関係を築いていると自分では思っているが、実は実家に電話した際に話す時間は圧倒的に母親の方が長いし、父とは一般的なやりとり”会社は順調か?子供は元気か?”でほぼ終わる。

 息子とは世間的に言うと良好な関係なのだろうが(同僚達の話を聞くとであるが)、それでも彼が我が家に帰省した際、会話が弾むことは稀である。
 まあ、そんなものだと思っている。

 この映画の父と息子の関係性はもっと複雑だ。父は二人が幼い頃、”必ず、迎えに来る”と言いながら姿を消したまま30年近くが経とうとしている。

 兄、章一(大橋彰)は現在の自分の境遇は父に由縁すると思い、口では恨んでいるというが幼い頃の玩具の列車を大切にしている。

 弟、亮太(井浦新:この役者さんは矢張り素晴らしい)は父が負債を残した長崎ガラス細工の会社を忙しく経営する毎日。そして、彼には離婚した前妻との間に二人の息子がおり、再婚した妻から”子供が出来た”と告げられる・・。

 彼らは亮太に新たな子供が出来たことや、章一が”父を見かけた”事から父親捜しを始めるが、その過程が良い。

 章一のかなり好い加減な愛すべき性格や徐々に語られる父の姿。その言葉を聞いて、父に捨てられたと思っていた二人(特に亮太)が少しづつ思い出して来た風景、そしてそれに伴い父への思いが徐々に変わっていく過程。

 父と逃げたと言われていた女性から告げられた真実。そして・・。

<父である人も、そうでない人もあのラストシーンはかなり心に響くのではないだろうか、と思ったほろ苦くも沁みる作品。私は落涙した。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

3.0まったりした展開でもったいない❗

2019年10月22日
スマートフォンから投稿

星🌟🌟🌟井浦新、大橋彰とも演技は良かったのにまったりしすぎの展開でちょっと退屈でした❗内容は悪くないのに…もうちょっとテンポ良くすれば良い作品になっていた気がします❗大橋彰…意外と上手い❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミリン一番搾り

3.5可もなく不可もなく…

2019年9月28日
iPhoneアプリから投稿

井浦新さんとアキラ100%の2人が兄弟役で出演。私は、井浦新さんが兄役、アキラが弟役…と思ったのですが、逆でした。思わず、実年齢を調べてみたら、なんと同い年なんです。もうダブルで驚きでした。しかも、井浦新さん、映画の中では、35歳。…無理がないかい?
長崎のお話なんですけど、何故、長崎だったのでしょう?監督の実体験を元に…とあったので、長崎出身の方なんでしょうか?でも、きっと、方言が分からない方もいたと思うので、長崎にこだわらなくても良かったのかなと思いました。まあ、あんなに簡単に父親が見つかるのは、都会では無理な話なんでしょうけどね。
俳優陣は、とても良かったと思います。アキラの演技は期待していませんでいたが、思っていた以上に、演技できてました。そして、嶋田久作さんの起用は、不思議でした。そんなに重要な役ではなかったので…。
ストーリーは、可もなく不可もなく…ってところでしょうか。ものすごく感動するわけではないけど、つまらないってほどでもない。映画でなくても、二時間ドラマとかでも良かったのかな…と思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
らぶにゃん

0.5こんな中途半端な映画に出させられた井浦新が気の毒で

栗太郎さん
2019年8月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
栗太郎

4.5彰さんの演技、良かった

2019年8月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

この映画の存在すら知らなかったけど、舞台挨拶があると聞いて鑑賞しました。
正直期待してませんでしたが(ごめんなさい)、予想に反して心動かされる素敵な映画でした。
キャストもピッタリ。
演技がうますぎてのめり込んでしまい、涙が溢れました。
特に彰さんの演技は、私が知ってる人じゃなかった。
おぼん芸やめて、こっちを本業にしたほうがいいかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
にゃうにゃう

2.5巻いて欲しい場面が多過ぎると思いま💤💤

2019年8月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

寝られる

エンドロールでキャスト見てビックリ。

え、え、エンクミ?

なんか、笑顔だけで癒してくれる、無茶苦茶いい感じの女性になってるじゃないですか!

長崎生まれの身から言わしてもらいますが、これ、他県の人には、何言ってるのか分からんセリフ、多過ぎると思う。

話としても単純、緩急も無い、山谷も無い、映像美も無い、久作さんは無駄遣いするで。もう少し、盛り上がりたかった。が、何気にチラッと出てくる女子陣が魅力的で良かった。アパート、入れてくれるんだ。良いなぁ。

因みに、私は寝てません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
bloodtrail

3.0役者陣はとてもよかったのだが

2019年7月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

 エンクミがとてもいい。若い頃バラエティ番組に出演しているときから雰囲気のある女優さんだったが、ここにきて成熟味を増してきた。特にハスキーな声がいい。普段着のリアルな艶めかしさがある。本作品では女のやさしさに加えて母性愛が全開だ。流石に旦那が監督している作品だけあって、この女優のよさがすべて出ている。周防正行監督と草刈民代と同じである。
 井浦新はこのところ映画でもテレビドラマでもよく見かける。達者な俳優で、最近では映画「止められるか、俺たちを」での若松孝二監督の役のエキセントリックな演技が秀逸だった。本作品では口数が少なく真面目に生きる男を好演。
 アキラ100%には驚いた。自分に自信がなくて虚栄心とハッタリだけで生きているダメ男をうまいこと表現できていた。意外に存在感もあるし、役者としてなかなか面白い。次回作があれば試金石になりそうだ。

 家族は近くて鬱陶しい存在である。鬱陶しさが限界まで高じると殺人事件に発展する。事実、日本国内の殺人事件の半数以上は親族の間で起きている。職場や学校で不愉快な出来事があっても帰宅して眠ればある程度は忘れることが出来る。しかし家庭にも問題があれば心が安まる暇がない。

 本作品は家族の絆を描いたドラマである。エンクミの台詞「比べちゃうよね」に兄弟の悲しみが集約されている。父親がいない兄弟は、父親のいる子供と自分たちを比べてしまう。そして父親がいないことのメリットとデメリットを子供なりにぼんやり理解してきたことが窺える。しかし損得を超えた部分で父親のいない淋しさを抱え続けてきた。
 子供の頃の淋しさは大人になってまで引き摺ることはない。しかし怒りや恨みの気持ちは何年経っても燻り続けることがある。SF作家の筒井康隆が、子供の頃に受けた理不尽な仕打ちを思い出して夜中に飛び起きて怒りに震えたことがあるといった意味の文章を書いていた。共感できる人は多いだろう。
 本作品で製作者が表現したかったものが何なのか、よく解らない。何十年かぶりに父親に遭ったら殴ってしまうかもしれないと、恨みを覚えていた兄はそう考えていたが、実際に年老いた父親を目にすると、恨みも怒りもどこかへ消え去ってしまう。そういうところを描きたかったのだろうか。
 しかしわだかまりはそんなに簡単に消えるものではない。複雑な気持ちのときは無表情になるはずだ。一方、父親とあまり関わらなかった弟は久しぶりに遭っても、こういう人なんだという感想はあっても涙は出ないだろう。登場人物はよく泣くが、観ているこちらはまったく泣けない。そういう映画の典型だった気がする。役者陣はとてもよかったのだが、製作者の思い入れが先行して、観ているこちらは置いてきぼりにされた感のある作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
耶馬英彦

3.5父を、そして母を思わずにはいられない

2019年7月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

長崎を舞台に井浦新と大橋彰(アキラ100%)が兄弟を演じた。

弟の亮太(井浦)が5歳のとき、必ず迎えにくると言って家を出た父は、35歳となった今も帰ることはなかった。町で見かけた父を一緒に探そうという兄の章一(大橋)の誘いをきっかけに、二人は父の足跡を追うこととなる。

亮太が自身を父に、そして妻を母に重ね合わせて両親の心情を思う映像が秀逸。妻を演じた遠藤久美子の優しさ、柔らかさも記憶に留めたい。

若い時に覚えた親に対する憎悪や嫌悪は時間とともに曖昧になり、更には自らの罪にすり替わる。そんなことをイメージしたことがある大人たちには結構染みる作品だろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
エロくそチキン

3.5家族探しは自分探し

2019年7月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

幼少の頃の父親の記憶がないということは、これほどまでに自分の「根っこ」を不透明にし不安にするものなのか。デラシネを生きることは虚妄か。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こばりん

2.0当たり前にならなかった人

Bacchusさん
2019年7月7日
Androidアプリから投稿

難しい

幸せ

 5歳の頃に両親が離婚して依頼30年間父親と会っていない主人公が、兄が父親を見かけたと述べたことを切っ掛けに兄と二人で父親を捜す話。

父親の営んでいたガラス工房を継いだ次男の主人公と、無職実家暮らしで虚言癖のある兄。
離婚歴があり自身も離婚以来二人の息子達とは会っておらず、再婚した嫁との間に新たに子供が出来たというところから話が展開していく。

どこまで本当かどこまで本気かわからない兄貴に振り回されながら二人で父親を捜すけれど、何故父親に会いたいのか。
それまでもそういう思いはあったのか?

自分も若干の違いはあるものの育ったのは似た様な境遇なのにこれっぽっちも理解出来ない。
自分がドライ過ぎるのか?個人差とかはあるんだろうけど。
主人公の場合は自身も離婚と再婚や子供のこともあるから又違うのか?

雰囲気は良かったけど、その辺の感情や動機がもうちょい描かれていたらハマったかも知れないけれど、それが殆どないから良くわからず、ふ~んという感じしかなかった。

そういう意味では怪しげな店での「いたとして…」がビンゴかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
Bacchus

4.5家族であること

ワンコさん
2019年7月6日
iPhoneアプリから投稿

生きていると、思い出したくないこともあれば、思い出そうとしても、なかなか思い出せないこともある。
生きていると、誰かに話しておきたいこともあれば、誰かに聞いて欲しくても、なかなか話し出せないこともある。

そして、たとえ家族であっても、それぞれ想いは違ったりするし、たとえ家族であっても誤解があったりもする。

だから、出来たら、たまには会って話してみたら良い。

思い出は、少しくすんだセピアがかったコハク色でも、会ってみたら、またキラキラし始めるかもしれないのだから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ワンコ
「こはく」の作品トップへ