「伝えたい事。」ギャングース yztaka16さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ギャングース」 > レビュー > yztaka16さんのレビュー
メニュー

ギャングース

劇場公開日 2018年11月23日
全31件中、30件目を表示
  •  
映画レビューを書く

伝えたい事。

まず、コミック原作映画であること。
それは忘れた方が良い、
いや、忘れてはいけないんだけれど。

つまりその原作コミックを通して作者の両氏が「伝えたい事」、
問題と言うか、事実と言うか、その事を、入江悠が映像にした。
それも、予備知識無く入り込めるエンターテインメントにした。
そういう意味では原作はコミックだが、
大切なのはその「伝えたい事」だ。

主役の三人をはじめ、敵対する反グレ集団の面々も
三人をサポートする人々も特徴的で
他では見せない表情をみせる。

綿密な取材に基づく表現はリアルで、
裏事情用語や、一般には知られていない情報が
随所に織り込まれている。
自分もちょっとワルになったような気持ちになる。
その感覚は、ヤクザ映画や不良映画やヒーロー映画に近い。

しかしこの映画を楽しんだ後には
前述した「伝えたい事」がはっきりと心に残る。

それは入江監督の下、この映画に関わった全員が同じ方を向いて、
その「伝えたい事」を共有して撮影が行われた成果なのだろう。

原作者が、監督が、役者が、スタッフが
「伝えたい事」とは何か、どんな気持ちになるのか。

私は、優しくなろうと思った。
そして繰り返しみようと思ったし、
大切な人にはみてもらいたいと思った。

yztaka16
さん / 2018年11月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
junjun
junjunさんのコメント
投稿日:2019年7月13日

あなた様のコメントを読ませていただいてから映画を観た者です。作った方皆さんの強い想いを感じた作品でした。
大切な人とまた改めて観たいと感じた作品でした。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報