「忘れてはいけない過去を照らす」焼肉ドラゴン コージィ日本犬さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「焼肉ドラゴン」 > レビュー > コージィ日本犬さんのレビュー
メニュー

焼肉ドラゴン

劇場公開日 2018年6月22日
全119件中、34件目を表示
  •  
映画レビューを書く

忘れてはいけない過去を照らす

在日コリアン問題を正面から捉えていて、逃げてない。

理不尽な差別と貧困と暴力が支配する1960年代の大阪。

戦後、騙されて国有地を購入した形で住み着き、細々と焼肉屋を営む一家の姿が染みる。

演出の軽やかさと、父・龍吉役のキム・サンホの演技が、「明日への希望」を抱かせてくれたから良かったけども。

無論、創作であり、どこまで実態を反映させているかは判断がつかないものの、歴史から考えて、これじゃ済まない例もあったろうな、と。

けれども、『三丁目の夕日』みたいな、すっとぼけて能天気な「昔は良かった」的美化に比べて、はるかに心に刺さる作品になっていたと思った。

コージィ日本犬
さん / 2018年7月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報