「割り切って観れば良作」ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow かがみさんの映画レビュー(感想・評価)

ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow

劇場公開日 2019年1月4日
全67件中、22件目を表示
  •  
映画レビューを書く

割り切って観れば良作

なんだか、おもちゃ箱をひっくり返したような作品でした。

μ'sが終焉を選んだのに対してAqoursは続けていく事を選択した。すなわち本作の主題は母校や卒業生との別離を乗り越え、新生Aqoursの形を模索して行く「死と再生」ということになる。

なので物語の純度を高める上では、当然「6人のAqours」を強調すべきでしょう。けれどやはり「9人のAqours」のイメージを切り捨てることはできないマーケティング上のディレンマがあるわけです。

さらにSaintSnowのエピソードの方が下手に良い出来だった為、かえってますますAqoursの「死と再生」の主題の方は相対的に霞んでくることになる。

そういうわけで本作は関係各所方面への配慮からか色々詰め込みすぎて焦点がとっちらかってしまっているのは否めないでしょう。

劇中歌や作画の出来は普通に良いので、プロモーションビデオあるいはファンムービーとして割り切って観ればそれなりに楽しめると思います。

かがみ
さん / 2019年1月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
やっぱμ'sが好き
やっぱμ'sが好きさんのコメント
投稿日:2019年1月12日

三次元Aqoursの今後の活動も気になりますね
東京ドームに戻って来ると言っていたからライブ等の活動は9人で続けるのかな?

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi