ガンジスに還る
ホーム > 作品情報 > 映画「ガンジスに還る」
メニュー

ガンジスに還る

劇場公開日

解説

インドの新鋭シュバシシュ・ブティアニ監督が弱冠27歳で手がけ、ベネチア国際映画祭などで賞賛されたヒューマンドラマ。雄大なガンジス河を背景に、誰にでもいつか訪れる「死」というテーマを、ユーモアと人情味を交えて描いた。ある日、不思議な夢を見て自らの死期を悟った父ダヤは、ガンジス河の畔の聖地バラナシに行くと宣言する。家族の反対にも決意を曲げないダヤに、仕方なく仕事人間の息子ラジーヴが付き添うことに。安らかな死を求める人々が集う施設「解脱の家」にたどり着き、ダヤは残された時間を施設の仲間とともに心穏やかに過ごそうとするが、ラジーヴとは何かと衝突してしまう。しかし、雄大なガンジス河の流れが、次第に父子の関係を解きほぐしていく。

作品データ

原題 Hotel Salvation
製作年 2016年
製作国 インド
配給 ビターズ・エンド
上映時間 99分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

インド流〈人生の終い方〉を確かな映画術で感性豊かな家族物語に昇華させた20代監督
ガンジスに還るの映画評論・批評

ガンジス河畔の聖地バラナシに死を予期したヒンドゥー教徒が集まり、滞在施設で最後の日々を過ごす。本作はそんなインド流の人生の終い方とでも呼ぶべき風習がモチーフだが、〈死〉が本題ではない。むしろ、死ぬ気満々な老父に困惑しながら付き添う息子...ガンジスに還るの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全18件)
  • 生の最期の締めくくりを考える 夢で死期を悟った父が息子の付き添いでインドの聖地バラナシを訪れ、死期を待つ物語。何事もことごとしく起こらず、静かに死への時間を過ごす。27歳でこんな老成した作品を作る監督は何者なのだろうと思う。... ...続きを読む

    ローチ ローチさん  2018年11月25日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 残る余韻がしばらく後を引く秀作 ガンジス河畔のバラナシは、死して解脱することを待つ人々が集う待機場所。ある日、バラナシに行くと宣言した老父と、多忙な仕事を何とかやり繰りして同行する息子にとって、そこは、なかなか相容れることがな... ...続きを読む

    MP MPさん  2018年10月29日  評価:4.5
    このレビューに共感した/2
  • 今の生を考えさせられる 死期を悟ってゆったりと過ごそうとする父親に付き添う、忙しく働いている息子を描いた作品。生と死の連続性と非連続性が散りばめられている。 死を近く感じるかどうかは別にして、今をどう生きるかを考えさせ... ...続きを読む

    こばりん こばりんさん  2019年1月18日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ガンジスに還る」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi