劇場公開日 2018年3月1日

  • 予告編を見る

「当事者起用の狙いは」15時17分、パリ行き ローチさんの映画レビュー(感想・評価)

3.4337
11%
54%
27%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5当事者起用の狙いは

ローチさん
2018年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

日本においては押しも押されぬ大巨匠といった扱いのクリント・イーストウッド監督だが、本作でもサラリと良い映画を撮ってしまっている。この時はどう撮れば良いか、ああいう場面ではどうすべきか、骨身に染みて映画の撮り方を知っているという印象を与える。指摘しやすい個性を持った映像ではないが、最後まで釘付けにさせる手腕に衰えは見られない。

本作では、事件の当事者をメインキャストに据える大胆な方法を採用した。こうした手法はメジャーハリウッド映画では珍しいが、しばしば用いられており、古くは映画史上最初のドキュメンタリーフィルム『極北のナヌーク』まで遡れるかもしれない。最近ではダニス・タノヴィッチが『鉄くず拾いの物語』で実践している。

この手法の肝は虚実の境にいかに迫れるかということだ。映像はそこにある様をそのまま切り取れる表現手段だが、映像の演出は嘘をつく技術でもある。キアロスタミの『クローズアップ』はそのことに最も自覚的な作品のひとつだが、本作はそうした先達の作品群と比べれば虚実の境を追求する姿勢は薄い。

なので当事者の起用自体は筆者はあまり大きな意味を感じなかったが、それでも上質に映画に仕上がっているし、等身大の彼らの活躍に胸打たれた。人生の積み重ねに焦点を当てたのも良い狙いだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
ローチ
「15時17分、パリ行き」のレビューを書く 「15時17分、パリ行き」のレビュー一覧へ(全337件)
「15時17分、パリ行き」の作品トップへ