15時17分、パリ行きのレビュー・感想・評価

15時17分、パリ行き

劇場公開日 2018年3月1日
279件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

当事者起用の狙いは

日本においては押しも押されぬ大巨匠といった扱いのクリント・イーストウッド監督だが、本作でもサラリと良い映画を撮ってしまっている。この時はどう撮れば良いか、ああいう場面ではどうすべきか、骨身に染みて映画の撮り方を知っているという印象を与える。指摘しやすい個性を持った映像ではないが、最後まで釘付けにさせる手腕に衰えは見られない。

本作では、事件の当事者をメインキャストに据える大胆な方法を採用した。こうした手法はメジャーハリウッド映画では珍しいが、しばしば用いられており、古くは映画史上最初のドキュメンタリーフィルム『極北のナヌーク』まで遡れるかもしれない。最近ではダニス・タノヴィッチが『鉄くず拾いの物語』で実践している。

この手法の肝は虚実の境にいかに迫れるかということだ。映像はそこにある様をそのまま切り取れる表現手段だが、映像の演出は嘘をつく技術でもある。キアロスタミの『クローズアップ』はそのことに最も自覚的な作品のひとつだが、本作はそうした先達の作品群と比べれば虚実の境を追求する姿勢は薄い。

なので当事者の起用自体は筆者はあまり大きな意味を感じなかったが、それでも上質に映画に仕上がっているし、等身大の彼らの活躍に胸打たれた。人生の積み重ねに焦点を当てたのも良い狙いだと思う。

ローチ
ローチさん / 2018年3月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

異色作とはいえ、巨匠ならではのアウトサイダー的な目線はしっかりと刻印

もしもこの映画を、監督名を伏せた状態で観せられたとしたら、私は「何だこりゃ!」と突っ込んだかもしれないが、その見方は決して正しくない。むしろ本作はきちんと監督名を踏まえた上で臨むべき映画なのだろう。

テロ事件を描いているとはいえ、それは『ユナイテッド93』とは恐ろしくかけ離れた構造を持つ。「当事者たちを起用する」という驚きの決断もさることながら、テロそのものよりも、彼らが幼少期から辿ってきた人生に何一つとして無意味なものなど無かったのだという「運命の導き」に焦点を当てている点もまた、イーストウッドらしいアウトサイダーへの温かい目線だ。

学校にも馴染めず、軍隊生活でも脱落を繰り返し、しかしそのアウトサイダーの彼らが、何かを成し遂げ、脚光をあびる。その姿を描くのに、本作もまた、教科書通りの作りを放棄して、見たこともないようないびつなアウトサイダー的な作りで臨んでいる点こそ非常に興味深い。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 5 件)

運命にどう対処するかを描いたんだ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「15時17分、パリ行き」(クリント・イーストウッド監督)から。
一言でいえば「2015年にヨーロッパで起こった無差別テロの再現ドラマ」
これをどう映画仕立てにするか、監督の伝えたかったことは何か、
そんな視点でメモを取った。
最後のテロ事件に関わるまでは、
ごく普通の人たちが、ごく普通の人生を送っているシーンの連続で、
ややもすると、監督は何を言いたいのだろうか、と愚痴りたくなる。
時々「自分が動かされていると感じたことは?、大きな目的に向けて」とか
「『人生に導かれてる』って言ってたよな」
「大きな目的に向かって人生に導かれている」
こんな伏線となる台詞が散りばめられているが、それでも分かりにくい。
ラスト、功績に対してレジオン・ドタール賞という勲章が与えられた場面で、
プレゼンターがこんなスピーチで纏めている。
「アンソニーサドラーは、この事件での教訓は何かという質問に答えました。
人々に知ってもらいたい、危機に瀕した時は誰もが行動すべきだと。
そう行動すべきです」
さらに、追い打ちをかけるように、こう付け加える。
「レジオン・ドタールは、勇気だけでなくもあなた方の人間性への賞賛です」
あれ、そこまで考えていたのか?と、ちょっぴり驚いた。
ただ、鑑賞後に知った監督のインタビューで、納得した。
「運命にどう対処するかを描いたんだ」その一言で納得した。なるほどなぁ。

shimo
shimoさん / 2018年10月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イーストウッドの好調が止まらない

クリント・イーストウッドの新作は無差別テロの犯人を取り押さえた3人の若者たち本人を主役に据えた実話の映画化。彼らの素人とは思えない演技?もルックスも素晴らしい。

「ハドソン川の奇跡」と同様、コンパクトな充実作だ。老いて益々盛んなイーストウッドの好調が続く。

まっくん a.k.a. エロくそチキン
まっくん a.k.a. エロくそチキンさん / 2018年10月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

着想が凄い、実話に実人物をドキュメンタリーでもないのに使うキャステ...

着想が凄い、実話に実人物をドキュメンタリーでもないのに使うキャスティングで良くまともに仕上がったと本人も監督も凄い。
事件だけをテーマにするとあっさり終わってしまうことを、3人の成り立ち含めて構成したのは発達障害や適性に合わない人でも、何か役に立つことが社会の何処かにあるってこと?

susumu takeda
susumu takedaさん / 2018年10月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高に馬鹿(誉めてる) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

事件の当事者(ようは演技の素人)で事件を再現とか(笑)、イーストウッドじゃなければ糞映画必至となる題材をこうも素晴らしい映画にさせる。
んで、題材は「日常の市民の善性が時に英雄を生む」だから、事件自体をくどく派手にしたり、主人公にあまりイケメンマッチョな台詞も吐かせられない。
実際事件自体は後半にサラリと始まりサラリと終わる(笑) 少年時代や不遇の青年時代を前半に入れるのはまだしも、中盤からの長い長いヨーロッパ旅行は公平に考えても変な構成だ。しつこいがイーストウッド以外のどんな監督でも同じキャスト同じ構成でこれを撮れば絶対糞映画になるはずなのだ(というか絶対撮らないと思う)
で、よくよく考えるとすごく変なこの映画を爽やかな読後感の良質な映画にしたてあげてしまうイーストウッドは天才であり馬鹿なじいちゃんやなと思う。

高之
高之さん / 2018年10月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごい映画を観た

実際にあった事件を映画化するという事前情報だけで観てみた。
出演しているのが本人達ということは知らず、最後に驚かされた。

その事実が退屈なドキュメンタリーを見応えのある映画に変化させた。
何故その事件のその場に居合わせたのかに至るまでを、登場人物の人生に沿って描いている。
実際に体験してる人物が動いているので説得力の強さがこれまでにないと感じる。

なので主役の3人は素人のはずなのだが、素人感じさせない点がさらに面白い。

waisigh
waisighさん / 2018年9月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画だからこそ描けるリアリティがここにある。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前半1時間はドキュメンタリータッチの旅映画。
良くも悪くも映画を観ている感はしなかった。

しかし後半にさしかかり、事態は一変する。
主人公達が乗った列車にテロリストが現れるのだ。
それまで1時間に渡って彼らの成長と日常を観ていただけに、突然訪れる非日常と、そこで彼らが取った利他的な行動は胸に深く突き刺さった。

怪我を追いながらもテロリストを必死で抑え込むシーンに至っては、もはや祈るような気持ちで見てしまった。
映画を観ている感覚というよりは、「現場に居合わせてしまった」ような感覚が近い。

1時間かけて彼らがテロに出くわすまでの日常を淡々と描いていたからこそ、有事における彼らの勇気ある行動が浮き彫りになる。
映画と人の可能性を見た気がした。

ジョイ☮ JOY86式。
ジョイ☮ JOY86式。さん / 2018年9月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本人が本人役を演じた実話。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

クリント・イーストウッド監督。
2015年8月に高速鉄道で起きた無差別テロ事件を映画化。
列車に乗り合わせていた3人のアメリカ人青年がテロリストに立ち向かう姿を描く。
事件の当事者であるアンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーンを主演俳優に起用し、当時列車に居合わせた乗客も出演。撮影も実際に事件が起きた場所で行われた。
(シネマトゥデイより抜粋しました)

miharyi
miharyiさん / 2018年9月22日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

えっ😱

σ(^_^)的に また 裏切られた感(笑)

眸
さん / 2018年9月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ADHDの当事者としてはただただ痛い

ADHDを持っている人間からしたら、ハラハラドキドキ…
イーストウッド作品とも知らずに観た何が言いたいのか分からなかった
アメリカ否定なのかADHDと付き合う周りの大変さなのか、アメリカ万歳なのか
イーストウッド作品というにはあまりにも、ごく普通な映画だった

ただ『チョコレートドーナツ』を観たときよりも後味がよかった

アクアMARINE
アクアMARINEさん / 2018年9月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

青春・自分探し➕テロ

期待していた作品とは、全く違った。

前半の事件までの3人の経緯を遡っての青春ムービーは、観る映画を間違えたかと思うほどの日常の生活がグダグダ続き、眠気との闘いどした。

列車に乗り込んでから、ようやく緊迫感も出てきて、映画が動き出しましたが、それもアッと言う間。

これなら後半からのドキュメントでも、よかった感じもしますが…、そこは巨匠クイント、イーストウッド監督作品、きっと若者達の事件までの経緯も含めてのメッセージもあったのでしょうが、余り伝わらなかった。

列車の中での実話や実際事件に遭遇した素人出演者という点では、話題性もありましたが、それほど、面白いという作品でななかったかな。

まぁ、若者版、スタンド・バイ・ミーって感じでしょうか。

bunmei21
bunmei21さん / 2018年9月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと

テーマも描き方も非常に古臭くて、時代遅れに感じてしまいました。イーストウッドがマッチョな男性の英雄を描きたいのは分かりますが、時代はダイバシティです。事実とはいえ、テロの犯人もあまりにもステレオタイプで、ちょっと驚いてしまいました。

ミカ
ミカさん / 2018年9月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ただの再現ドラマ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何方かが書いていましたが、話の殆どが主人公たちの子供時代と、大人になってもダメ人間のまま軍隊に入り結局自分のせいで脱落した話と3人で休暇を取って旅行した『だけ』というのは本当でした。
列車に乗ってモノの数秒でテロリスト(ただし1人で重火器持った、特に明確な目的も映画内で示されていない男性)を退治して表彰されておしまい。そして盛り上がる前にエンドロール。
これでは只の本人出演の再現VTRでしかない。「え?これで終わり?」と思ってしまう位あっさり風味でうっすーいラーメンみたいでした。
期待していただけに残念もいい所。

りのり
りのりさん / 2018年9月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生に導かれて

悪ガキの3人組だけど、
正義感と何をなすべきかを心得ている。
実話で本人達の出演という異例な作品だが、それも魅力の一つ。

上みちる
上みちるさん / 2018年9月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何が要因かは分からないが

イーストウッド監督作品が好きで毎回楽しみにしています。

今回のこの映画は本人役を本人達が演じており、その中であまり芝居感や違和感を感じさせないすごさがありました。
主人公の葛藤などの面では、集中した描写はなく、なんとなく流れる風景がメインなのですが、冒頭の子供時代の描写のせいか、最後の二十分の彼らの行動にのめり込み興奮し、何が訳の分からない涙を浮かべる自分がいました。

言葉で表すことが難しいですが、心をえぐられる作品には間違いないと思います。
単純にいいことをした善人のヒーロームービーとしてではない感動があると思います。

ボタもち
ボタもちさん / 2018年9月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

平和な道具 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最初は幼少期から。
クリントらしくない現代っぽい撮影。
そう、現代に起きたテロのついての映画なのだ。
しかも出演してるのは本人というから驚いた。
だけど描写は、やはりずば抜けて素晴らしい。
母親たちは子供に悩まされつつも子供は
逞しく育つんだなぁと思い気付かされたのは後半。
軍での訓練や鍛錬も結果的に功を奏する。
そして旅やフレンドシップも人には欠かせない。
ただ、前半から中盤まで何が何の伏線なのか
単調でなくとも、ほう、ほうと観ているだけ。
ドキュメンタリーに近いのか…と気づいたところで
物語は旅行に出て電車に乗って急展開を迎える。
そこで、やはり3人寄れば文殊の知恵、伏線も
一気に回収、最後は案の定、観て良かったと
思える仕上がりになっている。裏切らないなぁ…
クリント様は必ず学びのある作品を観客へと
提供してくれる。今作は現代に各地で起きている
皆が直面するかもしれないテロというテーマ。
考えさせられると同時に3人の有志に感動しました。

みきねこ
みきねこさん / 2018年9月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

運命の乗車。

事件に遭遇した本人が自分を再現。まさかの偶然が必然に変わったのは運命か。

ハチコ
ハチコさん / 2018年9月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ノンフィクションということで気になり見た。 主人公たち3人がご本人...

ノンフィクションということで気になり見た。
主人公たち3人がご本人というのは知らず、終わったあとに特典映像を見て知った。
友人同士だからこそあのナチュラルな演技だったのではないでしょうか。

3人が居合わせて、犯人の銃の弾が打てなかったことが奇跡で
その奇跡が重なったから犠牲者を出さずに犯人を確保出来たのだと思う。

Mi-ku
Mi-kuさん / 2018年8月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世界仰天ニュースのVTRですか?

世界仰天ニュースのVTRですか?

パピコ
パピコさん / 2018年8月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

279件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi