15時17分、パリ行きのレビュー・感想・評価

15時17分、パリ行き

劇場公開日 2018年3月1日
259件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

当事者起用の狙いは

日本においては押しも押されぬ大巨匠といった扱いのクリント・イーストウッド監督だが、本作でもサラリと良い映画を撮ってしまっている。この時はどう撮れば良いか、ああいう場面ではどうすべきか、骨身に染みて映画の撮り方を知っているという印象を与える。指摘しやすい個性を持った映像ではないが、最後まで釘付けにさせる手腕に衰えは見られない。

本作では、事件の当事者をメインキャストに据える大胆な方法を採用した。こうした手法はメジャーハリウッド映画では珍しいが、しばしば用いられており、古くは映画史上最初のドキュメンタリーフィルム『極北のナヌーク』まで遡れるかもしれない。最近ではダニス・タノヴィッチが『鉄くず拾いの物語』で実践している。

この手法の肝は虚実の境にいかに迫れるかということだ。映像はそこにある様をそのまま切り取れる表現手段だが、映像の演出は嘘をつく技術でもある。キアロスタミの『クローズアップ』はそのことに最も自覚的な作品のひとつだが、本作はそうした先達の作品群と比べれば虚実の境を追求する姿勢は薄い。

なので当事者の起用自体は筆者はあまり大きな意味を感じなかったが、それでも上質に映画に仕上がっているし、等身大の彼らの活躍に胸打たれた。人生の積み重ねに焦点を当てたのも良い狙いだと思う。

ローチ
ローチさん / 2018年3月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

異色作とはいえ、巨匠ならではのアウトサイダー的な目線はしっかりと刻印

もしもこの映画を、監督名を伏せた状態で観せられたとしたら、私は「何だこりゃ!」と突っ込んだかもしれないが、その見方は決して正しくない。むしろ本作はきちんと監督名を踏まえた上で臨むべき映画なのだろう。

テロ事件を描いているとはいえ、それは『ユナイテッド93』とは恐ろしくかけ離れた構造を持つ。「当事者たちを起用する」という驚きの決断もさることながら、テロそのものよりも、彼らが幼少期から辿ってきた人生に何一つとして無意味なものなど無かったのだという「運命の導き」に焦点を当てている点もまた、イーストウッドらしいアウトサイダーへの温かい目線だ。

学校にも馴染めず、軍隊生活でも脱落を繰り返し、しかしそのアウトサイダーの彼らが、何かを成し遂げ、脚光をあびる。その姿を描くのに、本作もまた、教科書通りの作りを放棄して、見たこともないようないびつなアウトサイダー的な作りで臨んでいる点こそ非常に興味深い。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 4 件)

斬新な試みの野心作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

・本人自ら演じるので、リアリティーあった
・犯人によく向かって行けたと驚きました

不知火 氷河
不知火 氷河さん / 2018年8月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちゃんと映画見よう ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

この作品のレビューを見ていて「最初の方の観光いらないだろ」や「仰天ニュースで十分」と言っている人はこの作品を全く理解してない。

もし〜だったらということがこの話にはいくつもある。
もしあの時スペンサーが落第していなければ撃たれた人は助かっていなかった。

もし前日にクラブに行ってなければ午後の電車には乗らなかった。

などいろいろな偶然が重なって彼らは完璧な処置をとれた。しかし、それが運命に動かされた必然だった。というのがこの話の言いたいことだろう。

これを理解できずに上記のようなレビューをしている人は仰天ニュースのようなちゃんとナレーターが解説してくれる番組を見てた方がいいかもしれないですね。

映画趣味
映画趣味さん / 2018年8月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごいなあ

あんな行動自分には絶対無理や。

タウンマーチ
タウンマーチさん / 2018年8月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

メインのシーンがちょっと、

この話が実話であることにとてもいい話だなと感じた。
すごい尊敬するような人であると思う。
最後のエンドロールで実際の写真が流れとても感動、憧れを持った。

しかし、この話のメインであるシーンがラストの数分ということにすこし悲しい。
冒頭部分に主人公の過去を描いていたがそのシーンが長すぎかなと感じた。

日々の努力がいつか現れるんだなと学べる作品。

rrr.
rrr.さん / 2018年8月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

c いちばん前でよかった!

c いちばん前でよかった!

さお
さおさん / 2018年8月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

半分ぐらい旅行 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画半分ぐらいずっと旅行動画。眠い。
終盤にやっとパリ行きの電車に乗ったと思ったら秒でテロリストを凹しておしまい。
どうせいならテロリストの動機や、身の上話でも欲しかったところ。

岬
さん / 2018年7月31日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

再現映像以上、アムスの熱い夜以下

列車テロ犯をボコボコにする米人3人組。
少年時代から描くことで、普通のお兄さん(まあ、兵士なんで普通とは言い難いけど)が素手で立ち向かう勇気の源・心の有り様が見えてきて、単なる本人たち出演による再現映像に留まらない味わいを醸し出す。
彼らがアムステルダムのめくるめく熱い夜に留まらずこの列車に乗る、人生の流れの必然を語るイーストウッド監督の熱い気持ちを汲み取りましょう。

旅するランナー
旅するランナーさん / 2018年7月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごいな

なんたって本人達出演なんだろ(o_o)
ドキュメンタリーだな

ピピ
ピピさん / 2018年7月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キネ旬、1位行き

ここ10年間の監督作9作品の内、7作品が実話モノ。
たまたま映画化したいと心動かされた企画が実話だっただけだろうが、すっかり実話の名手に。
本作の題材は…
2015年、アムステルダムからパリへ向かう列車内で起きた無差別テロ事件。
そのテロリストに果敢に挑んだ3人の若者。
本作の話題は言わずもがな、実際に事件に遭った3人をそのまま映画の主演に起用したという前代未聞のキャスティング。
勿論3人共素人で、演技初挑戦。言い換えれば、超A級のご本人再現ドラマ。
それが出来たのもイーストウッド、名はクリントだから。

さて本作、どう見るかで評価が分かれる。
3人の若者のドラマとして見るなら、まあ…。
スペンサー、アレク、アンソニー。
彼らの幼少時に遡り、学校の問題児だった3人が出会って、意気投合。サバゲーなどして、いつも一緒に遊ぶようになる。
大人になり、スペンサーとアレクは軍へ。アンソニーは大学へ。それぞれの道を歩みながらも、友情は途切れる事は無い。
3人で欧州旅行へ。メチャメチャ満喫。パリ行きの列車に乗り、事件に遭遇する…。
3人の他愛ないドラマや普遍的な友情を見せる事によって、3人が特別なヒーローではなく、我々と同じ平凡で普通の一般人。
“特別なヒーローなど居ない”“勇気を見せた者こそ本当のヒーロー”というイーストウッド映画のテーマは本作でも一貫している。

しかし本作、一応見せ場であろうテロ事件シーンに期待すると、とんだ肩透かし。
そのシーンはたかだか数分。
実際の現場や当事者たちにとっては地獄の数分だったろうが、呆気無さ過ぎる。
リアリティーはあっても、映画的スリル、ハラハラドキドキ、サスペンスが全く盛り上がらない。
犯人の素性や動機も描かれない。イスラム過激派という事を知ったのは、後から読んだ映画雑誌で。
やりようによってはリアルタイム・サスペンスにも出来た筈なのに…、どうやらイーストウッドにはそんな考えは無かったようだ。
イーストウッドが見せたかったのは何処にでも居る若者3人のドラマで、彼らが勇気を振り絞ってヒーローになるまで、わざわざ幼少時のエピソードや欧州旅行に見てるこっちが付き合わされる蛇足的なドラマを延々と見せられる。尺が90分ちょっとというのが救い。

ズバリ言ってしまうと、3人の好演やイーストウッドの伝えたい事は分かるが、ドラマとしては退屈、サスペンスとしても不発。
収穫は、こんな事件があり、讃えられるべき若者たちが居て、ユニークな映画の撮り方があった、という事だけ。

何だかパッとしないイーストウッド映画だった。
ちょっと今作は厳しめの採点に。
それでも、レビュータイトル通りにはなるんだろうなぁ…。

近大
近大さん / 2018年7月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い 単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

サクラメントのヒーローたち

実話を基にしたストーリー。3人の幼馴染がたまたま乗った列車がテロに遭遇する物語。とはいえ大半は彼らの馴れ初めや道筋を辿る内容。
ただ演じた役者3人はすべて本人というから驚き。ほんの一瞬の判断、武装したテロリストに立ち向かえるだろうか。勇気を与える映画だった。

クリント・イーストウッドも粋な演出をするものだ。
カリフォルニア州の片田舎サクラメントが注目される珍しい例。プロスポーツチームもマイナーリーグを除けば、バスケットボールNBAのキングスぐらいしかないところだ。
そこに海外で英雄になった勇気ある者たちが存在しているのだ。素晴らしい。

エディ
エディさん / 2018年7月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こんなもんですよ とりあえず 1時間30分ちゃんと観れた(笑)……...

こんなもんですよ とりあえず 1時間30分ちゃんと観れた(笑)………

短いからグーーーっ!! エドはるみですよ

感想??………デトロイトより全然オモロかった(笑)

2018年7月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

気持ちの良い納屋の空気

感動的なシーンもなく、うつくしい音楽もないのに。
おもしろい。

そんぼ
そんぼさん / 2018年7月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人は何らかの使命を帯びて生まれているのだ。 それが人生にたった一度...

人は何らかの使命を帯びて生まれているのだ。
それが人生にたった一度しか起こらなくても。

sakahiro
sakahiroさん / 2018年7月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

構成力を見た。

果たして当事者本人を使っていると言う最大のフックを知らなければ、これを面白いと思えたのかは微妙なところだけど、
事件の結末がわかってる物語なんて映画で観て面白いのか?と思ったら、
ここから始めて、こういう構成をすれば映画になるのですよ、と言うお手本のような映画だなと思った。

話の落としどころも始まりのキリスト教が伏線となってて、彼らのパーソナルが事件にどう役にたったのかというのも運命を感じられて良かったと思う。

だけど、全て美談で片付けられてるようにも思った。
彼ら3人は本当にヒーローのような人だったかはわからないけど、
ヒーローではないどこにでもいる人が物語の主人公になるというのが一般人を使った理由でもあるし、それはそれで良かったのか…

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2018年7月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

蛮勇と奇跡と友情 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

新幹線でも事件があった、助けに入った男性が殺害された。理不尽である。
本作でも休暇中の軍人といえど丸腰で自動小銃を構えたテロリストに飛びかかる、運よく不発だったことは奇跡に近い。何故彼は行動できたのかを知るために幼少期を描く必要があったのかも知れない。
しかし、学校ではすぐに罰とか薬とか矯正したがるダメ教師ばかり。
問題児として虐げられた彼らの義侠心はどこから来たのだろう。
俳優を使わず本人たちを使ったのは理屈ではなく感じとってもらうしかないとイーストウッド監督は思ったのかも知れない。

odeonza
odeonzaさん / 2018年7月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「事件が人を動かした」

56本目。
当時のテロ事件で活躍した3人を、そのまま映画に起用すると言う、クリント・イーストウッドの拘りが凄い。

また、3人が素人とは思えない程、演技が上手かった。

スペンサーの腕立てシーンは何度見ても、かっこいい。

ヨッシー
ヨッシーさん / 2018年7月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

鑑賞記録用

素人と思わせない演技
当事者がでる説得力

おぎゃ
おぎゃさん / 2018年6月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ホームビデオを見に来たわけではない

まずはじめに言っておきたいことは、キャストは素晴らしかった。あのリアリティは彼らでなければ再現できない。

どれだけ平和な日常にもテロは突然降りかかるということを描きたいのは分かるが、分かるんだが、よくぞここまで退屈な作品に仕上げたもんだ。これはあまりにもPV詐欺なのでは???もっと犯罪者の裏面を掘り下げてみるとかあったのでは???何をやっても問題児だった3人が立派に成長し何十人もの命を救うことができた、それは分かる。しかしいくらなんでも引き伸ばしすぎでは???

ウビバ
ウビバさん / 2018年5月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

259件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi