劇場公開日 2018年3月1日

  • 予告編を見る

15時17分、パリ行きのレビュー・感想・評価

3.4334
11%
55%
27%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全334件中、1~20件目を表示

3.5当事者起用の狙いは

ローチさん
2018年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

日本においては押しも押されぬ大巨匠といった扱いのクリント・イーストウッド監督だが、本作でもサラリと良い映画を撮ってしまっている。この時はどう撮れば良いか、ああいう場面ではどうすべきか、骨身に染みて映画の撮り方を知っているという印象を与える。指摘しやすい個性を持った映像ではないが、最後まで釘付けにさせる手腕に衰えは見られない。

本作では、事件の当事者をメインキャストに据える大胆な方法を採用した。こうした手法はメジャーハリウッド映画では珍しいが、しばしば用いられており、古くは映画史上最初のドキュメンタリーフィルム『極北のナヌーク』まで遡れるかもしれない。最近ではダニス・タノヴィッチが『鉄くず拾いの物語』で実践している。

この手法の肝は虚実の境にいかに迫れるかということだ。映像はそこにある様をそのまま切り取れる表現手段だが、映像の演出は嘘をつく技術でもある。キアロスタミの『クローズアップ』はそのことに最も自覚的な作品のひとつだが、本作はそうした先達の作品群と比べれば虚実の境を追求する姿勢は薄い。

なので当事者の起用自体は筆者はあまり大きな意味を感じなかったが、それでも上質に映画に仕上がっているし、等身大の彼らの活躍に胸打たれた。人生の積み重ねに焦点を当てたのも良い狙いだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
ローチ

3.0異色作とはいえ、巨匠ならではのアウトサイダー的な目線はしっかりと刻印

2018年3月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

もしもこの映画を、監督名を伏せた状態で観せられたとしたら、私は「何だこりゃ!」と突っ込んだかもしれないが、その見方は決して正しくない。むしろ本作はきちんと監督名を踏まえた上で臨むべき映画なのだろう。

テロ事件を描いているとはいえ、それは『ユナイテッド93』とは恐ろしくかけ離れた構造を持つ。「当事者たちを起用する」という驚きの決断もさることながら、テロそのものよりも、彼らが幼少期から辿ってきた人生に何一つとして無意味なものなど無かったのだという「運命の導き」に焦点を当てている点もまた、イーストウッドらしいアウトサイダーへの温かい目線だ。

学校にも馴染めず、軍隊生活でも脱落を繰り返し、しかしそのアウトサイダーの彼らが、何かを成し遂げ、脚光をあびる。その姿を描くのに、本作もまた、教科書通りの作りを放棄して、見たこともないようないびつなアウトサイダー的な作りで臨んでいる点こそ非常に興味深い。

コメントする
共感した! (共感した人 7 件)
ぐうたら

1.5アメリカ愛国者にとっては持って来いの作品。

2020年1月26日
iPhoneアプリから投稿

実話や当時の人を使った作品って事で話題になり鑑賞しましたが、クリントもトランプ同様アメリカ第一主義者だな〜と思いました。クリントの作品は大好きでしたがこの作品は何もかも薄っぺらく感じました。当時の人を俳優として使っても逆にリアリティーも無いし、青年3人組ね生い立ちよりなぜテロリストが行動にいたったのか全く描かれてないので、フェアではないし作品自体アメリカの落ちこぼれ青年が海外でテロに立ち向かっただけの薄っぺらい作品でした。しかも途中青年達が旅行で日系人女性をナンパして一緒に観光する場面なんて全く必要なかったし一言で日系人女性がヘイコラ着いて行くシーンなんて明らかにアジア系の女性は尻軽って言いたいばかりなシーンで嫌になりました。まっこれも現実なのですが、余計に必要の無いシーンでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
森川英次

4.0さすがクリントイーストウッド監督です。

よしさん
2020年1月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

高速鉄道でテロを防いだ3人の若者の前日譚。

クリントイーストウッド監督作品。
流石に良くまとまった作品で一見の価値はあると思います。
実際の攻防は一瞬だったわけで、どのような展開で映画を作るのかと興味がありましたが、とても味わい深い話にまとめてくれました。
「人の役に立ちたい」という強い思いとは裏腹に、周囲の無理解や自身のスキル不足で、その役回りを担えない葛藤。
そんな葛藤と成長をとても静かに描いています。
クライマックスは、おそらく実際に起こったことを忠実に描いたのでしょう。とてもリアルに感じました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

3.5ー実話ー

2020年1月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

訓練してる環境と、仲間達がいることで強くなれ立ち向かえたお話しだと思う。

良い終わり方で良かった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
x_x1020yam

5.0世界を善くするにはたった一つの思いだけでよい

nanaさん
2020年1月2日
PCから投稿

珍しく泣いた映画。

咄嗟の行動を起こした、普通の人間たち、むしろ落第続きの人生でどちらかといえば負け組と言われる人間たちの、ヒーロー物語。

結末は知っていたから結末自体は驚きはしなかった。
しかし、結末を知っていたからこそ、先生や母親に怒られっぱなしの少年の、「私を平和の使いにしてください。この世界をよくしてください」と1人で祈る夜のシーンには涙なしには見られなかった。

どこにでもいる、誰ともとくに違わない人生を送ってきた普通の若者たちが、人を助けるために迷いを見せることもなく咄嗟に行動できた瞬間には感動する。
3人のうち2人が訓練を受けた軍人であったことは示唆的ではあるが、やはり力は善い行いにのみ使われるべきなのであり、また善い行いには力もまた必要なことも事実であろう。しかしこの映画の本質はそこではない。人間たちそれぞれの普通の人生、普通の力、普通の倫理観が、ある瞬間には人をヒーローにさせるということなのである。

「善い行い」をするためには、優れた業績や崇高な哲学などは必要なく、「この世界をよくしてください、そのために私は役に立ちたい」という、人間ならば誰でもが持っている素朴な願いだけでよいということを、ストレートに世界へ知らしめてくれるとても心を揺さぶられる映画だと思う。

「戦争はなぜ起こるのか」「なぜ人を殺す人がいるのか」と子供時代に不思議に思わなかった大人はいないであろう。
ほとんどの大人はそんな疑問や善い行いへの夢などはいつの間にか忘れてしまうものであり、しかし世界を善くするにはそれだけでよいのである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nana

3.0出演依頼の交渉力

2019年12月26日
iPhoneアプリから投稿

実際に起きた鉄道銃撃事件の映画化。犯人を取り押さえた若者3人、乗り合わせた乗客も当事者が演じるという驚きの映画。本人出演だから、最後の授賞式への流れも当然のことながら自然なものに。
それにしてもよく出演OKしたな〜、この映画は内容よりそこが凄い。やはり監督の名前ありきですかね。
「硫黄島からの手紙」「父親たちの星条旗」ひとつの出来事を日本側とアメリカ側から描いた2作品の時も面白いこと考えるなぁと思ったけど、この映画も当事者を出演させてしまうなんて凄い発想で、そこは面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
アンディぴっと

4.015時17分、パリ行き

yoneさん
2019年12月20日
iPhoneアプリから投稿

パリ行きの高速鉄道内の事件
どのような展開かと興味深深でしたが、クリント・イーストウッド監督最高です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yone

4.5【流石というしかない。演者の起用方法も含めてこのような映画を商業ベースで制作出来るのはクリント・イーストウッド監督位ではないか?】

NOBUさん
2019年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

幸せ

1.無差別テロリストに立ち向かった3人の勇敢な若者を”役者ではなく本人が演じ”

 2.彼らが、何故そのような行動に出ることができたのかという事を、彼らの幼少期の様子から観客に納得させる

 という事を思い付き、すぐさま映画化してしまう、クリント・イーストウッド監督の発想の豊かさとフットワークの軽さ及び作品自体のレベルに驚かされる作品。

 早撮りで有名なクリントだが、制作も早いのだなと感じ入った作品。

<クリント・イーストウッド監督の ”どこにでもいる普通の若者が正しい時に正しい事をした。彼等こそが時代が求めるヒーローである” という言葉の重さと彼が発する強い想いを込めたメッセージに頭を垂れる>

<2018年3月1日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

4.0途中まで俳優かと思ってた

maruさん
2019年10月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
maru

3.5言われてみると

2019年9月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

興奮

実話ばかりのイーストウッド。
でも実話って難しいと思う。
その話の発端と結末は周知の事実だし、
そのままの話を撮っても面白くないから。
メッセージとかテーマとかも伝わりにくい。

それでも、今回は当事者本人たちを主演に据えてまで取り組んだのは、やはりラストの勲章授与式の大統領演説を観せたいが為であろう。
あれだけでも観てよかったと思える。

何処にでもいる若者が、様々な異国で会う外国人や同胞たちと楽しく旅をして、この話の最後にはテロを阻止し、外国人と協力して被害者を助けるという、出来過ぎな実話。

彼らは本当に立派だし讃えられるべき存在ではあるが、何かのプロパガンダに利用されている様で正直かわいそう。
それは、
みんなで手を組み悪に立ち向かう、事なのか、
アメリカが世界を救う、事なのか。

様々な魅力溢れるヨーロッパ各国を中盤で見せ、
彼らの衣装?もスペインやドイツのサッカーのビッグクラブのユニフォームだったりして、
こんなにも素敵な国々をテロから救った、
と見せている様で、
自分はどーしても後者に思える。

やはり、授与式の演説をどう捉えるか、で見方が変わるでしょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
クリストフ

2.0本物にさせればいいのか

2019年8月15日
PCから投稿

本番数分で中だるみがすごい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アサシンⅡ

3.5パニック映画ではありません。

2019年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ピニョン

4.0不思議な映画だか、感情に素直に語りかけてくる物語

2019年7月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

興奮

実際の事件に居合わせた3人を主人公に起用する斬新な試みと、実際の事件に落とし込むための映画の構成にいろいろな気持ちを思いつつも、最終的には感情に刺さる作りが秀逸。
単純にジャンル分けができない映画ですが、現実がそうであるように、実話ベースの映画の真髄なのでは??
最終的には大満足!
カデゴライズされた先入観で映画を選んだらビックリ、観終わった後にはこういう映画もあるのかーッ!って思えます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Karakurum_gm

2.0なんだこれ

marさん
2019年7月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

まぁね、やろうとしたことは分かる。
事件の当事者を演者として起用して、事件の様子を忠実に再現すれば…
って、リアルになると思うよね。僕も観るまではそこに期待してた。
ただ見終わっての素直な感想は「巨匠が撮った再現ムービー」。
奇跡的なストーリーではあるけれど、それはまぁ、実話ですから。
事実は小説よりもナントカって言いますしね。

ちょっと期待がでかかった分、拍子抜けの感じが否めず。
とりあえず、素人を主演レベルで起用するのはやめた方が良いんじゃないかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
mar

3.5最近の技術凄い!

ひっかさん
2019年5月30日
iPhoneアプリから投稿

映画だとわかっているも、最近の映画だからこそ再現度が高い!
もうずっと痛い、痛い、痛いを連発する始末w
コレが実話だから凄いなぁっと感じて見終わっていました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひっか

4.0全てのことに意味がある

2019年5月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

怖い

アムステルダム発パリ行きの電車でテロに遭遇した若者3人がテロリストを倒した実際の事件の話。
.
この事件の様子は最後の20分ぐらいしか出てこなくて、映画のメインはなぜこの3人がテロリストに歯向かう勇気ある決断ができたのかを淡々と描く。
.
だから3人の日常が淡々と過ぎていくだけなんだよね1時間。しかもこの3人、本人達が実演してるから演技がまぁ下手なのが英語でもわかる。再現ドラマのがまだ上手いよ。
.
それを我慢して見れば最後色々伏線回収してって面白いけどね。
.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
せつこん

4.0実話は説得力ある!

ナオヤさん
2019年5月19日
iPhoneアプリから投稿

当事者が出演していることでも話題になっていましたね。演技がどうこうとかは分からないですが、特に違和感なく見ることができました。
主人公の3人の生い立ちを追うことで、感情移入できました。なかなかうまくいってない人生だったけど、旅行先での出来事で人を助けるという目標を達成できたんだなーっと思うと感動しました。
また、自分同じの立場だったら同じように行動できるのか?行動できる人間でありたいなと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ナオヤ

3.0物語は淡々と進んで行く。なのに感情が動かされる。まさに、イーストウッドマジック!

YuuuuuTAさん
2019年5月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

2015年、アムステルダム発パリ行きの特急列車内で起こったタリス銃乱射事件をイーストウッドが描いたこの映画。印象としては、物語が淡々と進んで行くように感じられた。にもかかわらず、感動を覚えた。エンドロールを見ながら、幸せを感じるような、喜びに浸るような、なんとも心地よい感情に包まれた。応援しているスポーツ選手が活躍した時みたいに。

生い立ちから知ることで主人公3人のファンになったんだと思う。大人に理解されない子供時代を過ごしてきたのに屈折せず成長してきた人生を知ることで、いつのまにか応援していたのだ。
だから、ヨーロッパ旅行で3人が楽しそうにはしゃいでいる姿は、見ていて微笑ましい、軍人としてうだつが上がらないときは、悔しい気持ちになる。テロが起きた時には、やっつけろという気持ちとともに、気をつけてという心配がこみ上げた。

監督がテロ事件を伝えるためにこだわったのがリアリティを追求すること。本人役を本人が演じ、テロが起きた列車を貸し切り、同じ場所で撮影をしたという。その場にいたように出来事を追体験できたからより感情移入できたんだと思う。

本来なら、子供の頃の話・出会いや、ヨーロッパ旅行の話(特に女の子をナンパするところ笑)なんてなくても成立すると思う。一見無駄だと思われるシーンを盛り込みながら、淡々と物語を進めているにも関わらず、これだけ気持ちを動かされるのはイーストウッドが名将ゆえなのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
YuuuuuTA

4.0目頭が熱くなる派手さの無い感動実話

2019年5月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

興奮

幸せ

先ず実話で有り当事者本人達が主人公を演じている事に驚き。
演技が棒で有ってもこれはその本人達が現実に体験した物語に沿って作られた物なのだと思うと説得力が有りシックリと納得出来る、鑑賞していて違和感は無い。

大部分が彼等の生い立ちにフォーカスされており、テロリストとの戦いはほんの短時間。
ハリウッド映画によく有りそうなコテコテのアクションてんこ盛りでハラハラドキドキのサスペンス的な演出は皆無なのに大半を占めた彼等の生い立ちが有ったからこそ最後に感動で目頭が熱くなった。
ダメな奴等と世間から思われていても大事な物は何かを解っていた勇気有る人達の凄い物語でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ゆっちゃま
「15時17分、パリ行き」の作品トップへ