「人として大切なことがつまっているステキな青春映画」走れ!T校バスケット部 あらりんさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

走れ!T校バスケット部

劇場公開日 2018年11月3日
全36件中、34件目を表示
  •  
映画レビューを書く

人として大切なことがつまっているステキな青春映画

大ヒット小説の実写化。
実話をもとにした青春ストーリー。
弱小バスケチームの成長を通して高校生の悩みや友情、家族の思いを描いた青春スポーツ映画。

志尊淳さん演じる田所陽一のバスケへの想いや苦悩がリアルに描かれていて前半は胸が苦しかった。

編入先の多田野高校で弱小バスケ部へ入部することになった陽一。
T校のバスケット部の個性的なメンバーがとってもステキ。
佐野勇人演じるキャプテンの矢島はじめ、こんなメンバーならどんな苦難へも立ち向かえそう。
椎名桔平さん演じるお父さんや顧問を演じるYOUさんもいい。

正義とか仲間とか絆とか信頼することとか…
青春時代に実体験できるのは簡単なことじゃないし、巡り会えたら幸せだよね。
試合のシーンは赤いユニフォームがみんなかっこいい。

小学生、中学生、高校生にみてほしいな。
こんなまっすぐな青春を過ごせたら…きっと未来が輝くはず。

あらりん
さん / 2018年10月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報