「間違いなく「青春群像」」冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた Fine(フィーネ) クォードさんの映画レビュー(感想・評価)

4.494
70%
20%
7%
1%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0間違いなく「青春群像」

2019年12月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

原作未読。TVアニメは全て鑑賞。

レビューのタイトルはTV版PVでの先輩のセリフです。「企画を通すために」という自虐的な発言で笑いを誘っていましたが、映画自体はまさしく青春群像劇でした。
「キャラが立っていない」はずのメインヒロインの喜怒哀楽の表現も素晴らしいのですが、バイキャラの幼なじみと先輩の心理描写も実に丁寧にされています。こちらに共感出来る人も多いかもしれません。
また、主人公の「オタクを突き詰めると、夢の実現のための協力の輪が拡がる」という描き方もみごとです。

最後の笑いを誘うエピソードまで一気に見せる力のある映画です。個人的には2019年のナンバーワン候補です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
クォード
「冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた Fine(フィーネ)」のレビューを書く 「冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた Fine(フィーネ)」のレビュー一覧へ(全94件)
「冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた Fine(フィーネ)」の作品トップへ