「主演、演出、題材。その3つが骨太に絡まり合う傑作歴史ドラマ」ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男 ぐうたらさんの映画レビュー(感想・評価)

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男

劇場公開日 2018年3月30日
全197件中、169件目を表示
  •  
映画レビューを書く

主演、演出、題材。その3つが骨太に絡まり合う傑作歴史ドラマ

本作ついて述べるとき、その大部分がゲイリーへの賛辞で占められるのはしょうがない。が、注目すべきは決してそれだけではない。何よりもその切り口。本来、チャーチルは成功もしたし、大きな失敗もした人ではあるものの、しかしこの映画は「27日間」というごく限られた視座に集約させることで我々に、彼と共に歴史が動くそのうねりを、しかと目撃させてくれるのだ。

チャーチルが放った3つの演説を背景にしている構成も面白く、さらにはこの偉人の内面を光と暗闇で表現したジョー・ライトの演出も冴える。何かと閉所空間にとどまることの多い本作において、議場をふわりと舞うカメラワーク、上空から見下ろした俯瞰映像、タイプライターの小刻みなリズムを使って観客を飽きさせない手法もさすが。そして何より「つぐない」「英国王のスピーチ」「ダンケルク」との歴史的結びつきは、英国映画ファンならば熱狂して受けとめるべきポイントと言えるだろう。

ぐうたら
さん / 2018年3月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 10 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報