「コナンである必要性」名探偵コナン ゼロの執行人 すみれさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

名探偵コナン ゼロの執行人

劇場公開日 2018年4月13日
全334件中、8件目を表示
  •  
映画レビューを書く

コナンである必要性

公安内部のヒューマンドラマは見所があったが、劇場版コナンでやる必要があったかというと微妙だ。
子供にも分かるようにと全体的に説明口調であったし、小五郎を使わなければコナンと事件を結びつけられなかったのははもやコナンが脇役。売りにしていた安室さんのかっこよさも声と車だけで、内面の魅力が感じられなかった。テロとの戦い部分は劣化版ブラッディマンディといった感じ。
全体として、コナンくん要らなくないと思ってしまう。
オタクとなんちゃって右翼みたいのに媚びればネットでの評価を得られる現代を表したような作品だなと。

すみれ
さん / 2018年7月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi