「音とか映像のこだわりは感じた」ファースト・マン SHさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ファースト・マン

劇場公開日 2019年2月8日
全215件中、85件目を表示
  •  
映画レビューを書く

音とか映像のこだわりは感じた

単純に、月面着陸第一号!やったー!バンザーイ!という映画ではなかった。半ばそういう映画なのかなと思っていた自分が浅はかなんだけど、ネタの割に深かったなーという印象。それが良いか悪いか・・・かなり微妙だなー、とか思ったり・・・
かなりリアルな映像にこだわりを感じたけれど、細かな時間軸の入れ替えなど混乱を生むだけのような気がした。
孤独感、閉塞感、達成感からは程遠い負の感情がひしひしと伝わってきたし、それが人類の第一歩の真実だと言わんばかりのリアリティー。凄く納得させられるけれど、正直、ストーリーがあまり面白くなかった。音とかを駆使して、宇宙の静寂やらトラブルの緊張感は半端ないけど、いかんせん話が面白くなかった・・・。結局、何が言いたいかさっぱり理解できなかった。そんな主張なんてないかもしれないけれど、何か主張すべき事があるかのような作りに感じたので、勝手にそう思ってしまっただけのこと。

SH
さん / 2019年2月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報