ファースト・マン : 映画評論・批評

ファースト・マン

劇場公開日 2019年2月8日
2019年2月5日更新 2019年2月8日よりTOHOシネマズ日比谷ほかにてロードショー

月面踏査の偉業と共に迫る、宇宙飛行士のリリシズム

1969年、アポロ11号で人類初の月面踏査をなしたアストロノーツのひとり、ニール・アームストロングの偉業に迫る伝記ドラマ。NASAの有人宇宙飛行計画を描いた古典「ライトスタッフ」(83)のように群像劇として歴史的プロジェクトを俯瞰するものではなく、宇宙飛行士個人の自己体験とリリシズム(叙情)にカメラを寄せ、それを観客に共有させる没入型の作品になっているのが大きな特徴だ。

ソ連との宇宙競争に勝利すべく、高度なプログラムへのチャレンジを要求されていくアームストロング。映画はあたかも観客がX-15航空機やジェミニ8号、そしてアポロに搭乗するようなシミュレーション感覚に満ちており、それがもたらす堪え難いようなコクピット内の閉塞は、観る側の心拍数をいやがうえにも上昇させる。そこには悠然と景色を眼下にするような爽快さはなく、16mmフィルム撮影の粗々しいルックも手伝い、むしろ自らの内的意識との戦いを強調するかのようだ。またこうした描写をグリーンバック合成を用いず、LEDディスプレイに背景を映してコクピットのセットと同期させて撮ったという生々しい効果演出も、本作特有のライド感をより強固なものにしている。

画像1

なによりこの映画は、アームストロングの個人史に物語の推進を依存する。幼い娘を病気で失い、また同僚の尊い犠牲など、彼は英雄としての背後に喪失と悲しみを背負いながら国家的ミッションへと臨む。そんなメンタリティに迫ることで、チャゼル監督は史実として認識されている壮大な出来事を、等身大の体験として文脈づけ、そして観る者に実感させていくのだ。

このようなアームストロング自身の小宇宙と、広大な宇宙とがシンクロを果たすクライマックスの高揚感は、IMAXフィルムカメラで撮影した高精細、かつワイドに視界を覆うビジュアルがもたらしてくれる。意識的にジャイアントスクリーンのフォーマットを駆使したそれは、やはりIMAXの対応劇場で観てこそ本意を遂げるのだ。鑑賞環境に制限を設けたくはないが、「配信で見るわ」とのんびり構える御仁に対し、オレが差額分を払ってでもシネコンに誘導したくなる。「人類にとっての偉大な飛躍」は、まずIMAXへの第一歩から始めるべきだ。

尾崎一男

関連コンテンツ

インタビュー

デイミアン・チャゼル&ライアン・ゴズリング 歴史的偉業よりも描きたかった「家族の姿」とは
インタビュー

「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督&主演ライアン・ゴズリングのコンビが再びタッグを組み、人類で初めて月面に足跡を残した宇宙飛行士ニール・アームストロングの半生を描いた「ファースト・マン」が、公開中だ。1969年、世界中が固唾...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全190件)
  • 究極の疑似体験 人類初の月面着陸に至るまでを描いた実録映画。 寡黙なニール・アームストロングを演じるのはライアン・ゴズリング。 彼の演技、特に繊細な表情芝居がとにかく素晴らしい。 人前では決して感情的にならな... ...続きを読む

    ジョイ☮ JOY86式。 ジョイ☮ JOY86式。さん  2019年2月17日 23:29  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • 偉大な偉業を改めて学ぶことができる貴重な映画 1969年(昭和44年)7月、『一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。』という名言を残したこれまであまり明らかにされなかった無骨で無口な英雄の物語。この映画を観る前... ...続きを読む

    myaa1969 myaa1969さん  2019年2月17日 23:11  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 一体、何のために… なんとも閉所恐怖症になりそうな、余りにも過酷で、息苦しくて怖い映画だった 人類が始めて月に行く映画なのに、解放されるどころか息苦しいなんて 夢と希望にあふれているはずの人類初の月旅行の現実は... ...続きを読む

    とえ とえさん  2019年2月17日 21:44  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報