名前のない女たち うそつき女のレビュー・感想・評価

名前のない女たち うそつき女

劇場公開日 2018年2月3日
3件を表示 映画レビューを書く

話を絞ったほうが…

原作は未読。AV女優何人かの群像劇を想像していたが違った。取材するライター、彼氏と同棲するAV女優、その妹がメインに描かれる。
このバランスが中途半端。取材対象としてのAV女優がもう1人いれば印象は違ったかもしれない。ライター目線なのか、女優目線なのか、女優の家族を描こうとしてるのか。
描かれているのがほぼリアルな話だ考えると、もう少し面白くできた気がしてしまう。

kenshuchu
kenshuchuさん / 2018年2月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

底辺だよ、底辺 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作は未読である。でも、多分原作の核となる部分を抜き取ってコラージュしている構成となっているのであろうと想像する。というのもストーリーとしては散漫さがうかがえ、その切り取ったのりしろは自分で埋めろというメッセージを感じたからである。一応、ストーリーの狂言廻し的役柄が吹越満であり、その飄々とした演じ方は正に『的を射た』キャストである。取材対象者をバカにしながらも、自分も又ゲスな人生を過ごしている事の滑稽さを体現していてかなり分かり易い。しかし、それ以外の主役級の女の子、その妹の演出がかなり不安定で新を感じることが出来ない。姉の優秀さを妬み、姉のモノを奪う妹。そんな妹に幼い頃から色々なモノを奪われて、それでも肉親の愛情を棄てきれずにいる姉。それを忘れようと誤魔化し、今の境遇を満足しようとして幸せをアピールする姉。正直、かなり難しい表現を求められる内容に、演技と演出が追いついていないチグハグさを感じてしまった。余りにも姉妹の関係性が薄すぎな演出だからではないだろうか。
多分、アバンタイトルの喉の渇きを収めるために海水を飲むと益々喉が渇く、欲望とはそういうモノという件がテーマなのだろうとは思う。人間は欲望を抑えることができないという手垢の付いた真理を、AVと絡めたのだろうとは思う。ただ、最後の老人ホーム惨殺のニュースや、取材に同行した女ライターの身の上話の件は、蛇足な様な気がするのは私だけだろうか・・・
やっと自分の幸せを手に入れた妹が、その幸せを永遠のモノのするために敢えて自死をするのも、よくある話とはいえ心を掴まれたのだが、その後の伏線の回収が成されない(多分、ブランコで泣いているのが回収なのだろうが)、もっとドラマティックに深く転がしても良いのではないかと思うのだが、そこもまた、のりしろは自分で埋めろってことか・・・濡れ場にももっとエモーショナルが感じられるストーリーの結び付が欲しかった。ペディキュアのついた足を視ると大人と言うことを思い出すシーンも意味深くて良かったのだけど、それも回収が浅く、後もう一歩という残念な気持ちである。

いぱねま
いぱねまさん / 2018年2月16日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

無気力

AV女優のインタビューを記事にする売れない雇われ記者と、奨学金返済の為にAV女優となった取材対象の女性と、学校がつまらないと言ってやめてしまったその妹を描いた群像劇。

プライドをもちつつも底辺という認識があるのに必死さは感じられない記者と、奨学金返済が言い訳になっていていつでも仕事をやめられると言いつつも自信とプライドを持てない女という遣る瀬無い感じはありつつも大きな転換は見えてこないし、妹に至っては特になにも成そうともせずもがいている様子もない。

心の内というか在り方というものをみせているのはわかるけど、投げっぱなし感が強くそれなりにはみられるもののこれと言って引っかかるものはなかった。

Bacchus
Bacchusさん / 2018年2月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi