きみはなにも悪くないよのレビュー・感想・評価

きみはなにも悪くないよ

劇場公開日 2017年11月5日
1件を表示 映画レビューを書く

娘が全身麻酔を受けた状態で医者にレイプされて授かった子供だと知った母親の苦悩と、母親の愛情を感じられずに育ち感情が乏しい大人になってしまったその娘の話。

事実を知ってしまった母親の娘に対する無意識の拒絶感とか、それを知ってしまい大人になった女性の苦悩とか怒りや悲しみや何ともやり場のない嫌な感情が押し寄せのしかかってくる。

題材やストーリーは非常に良いしかなり自分の好みの作品だけど、脚本や演出に少々ムリがあったり安っぽさを感じ、白々しくなってしまっていた部分が多々あり絶賛するには至らず。

この規模の作品だしある程度は仕方ないけれど、色々な設定をここまで明確にせずぼかして曖昧にした方が入り込み易かったんじゃないかな。

Bacchus
Bacchusさん / 2017年11月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い 難しい 悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi