劇場公開日 2017年12月13日

  • 予告編を見る

小ぬか雨のレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全3件を表示

3.0ふたりを別つ、雨の橋…

syu32さん
2019年1月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

「藤沢周平 新ドラマシリーズ第二弾『橋ものがたり』」第3作。

時代劇専門チャンネルでの放送を鑑賞。

原作をドラマ化に合わせて読みました。川で隔てられた土地を繋ぐ“橋”。橋を渡る人々には様々なドラマがあり、それを繊細に捉える描写が、心に響いてくる作品集でした。

その中の一編「小ぬか雨」を映像化したのが本作。孤独な女が暮らす長屋に、ひとりの青年がとある理由で逃げ込んで来たことから始まる短い恋の物語です。
影のある青年に女は次第に惹かれていきます。しかし、青年はいつかはここを去らねばならぬ身…。終わりが見えているからこそ、否応無しに掻き立てられてしまう恋情がとてもエモーショナルでした。

女が生き甲斐を見付け、それを必死で守ろうとする姿を北乃きいが見事に演じ切っているなぁ、と思いました。青年役の永山絢斗も言わずもがな。主演がこのふたりだったからこそ、成立した作品だなと感じました。

長屋があるのは橋のすぐ傍。そこを渡れば、二度と会えない。迫る追手、近付く別れ…。小ぬか雨降るラスト・シーンが印象的で、涙を禁じ得ませんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
syu32

2.5やや物足りなさ。

栗太郎さん
2018年1月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
栗太郎

2.5侍が出てこない時代劇

kawausoさん
2017年12月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

今回の三部作は、回を重ねるごとに上映時間が短くなり、悪くなっていったような…。
何これ?
本当に藤沢周平の原作?
理解に苦しむ描写が多かった…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kawauso
「小ぬか雨」の作品トップへ