劇場公開日 2018年1月27日

  • 予告編を見る

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅のレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全12件を表示

4.5ゴーギャンが夢見た理想の敗北記。

2018年1月29日
PCから投稿

知的

ゴーギャンという画家は株の仲介人で成功し、絵画の売買を始めたことで趣味として絵を描くようになり、画家の友人に褒められて(おだてられて?)中年になって画家を志した。当時5人の子供がいたというのだから相当リスキーな道を選んだというしかない。

本作は、そんなゴーギャンが赤貧と誰の尊敬も勝ち得ない現実に嫌気が差して南の島タヒチに逃亡する物語だ。いや、逃亡と言うと本人は怒るだろうが、タヒチを選んだのはたまたまフランス領だったからで、フランス語が通じるタヒチで「西洋化されていてつまらん!」と怒るのだから随分勝手な話である。

実際のゴーギャンはタヒチでの経験を糧にそれなりの成功も収めるのだが、本作は身勝手な理想が現実の壁の前に崩れ去っていく様を描いていて、そのまま西洋文明が辺境を征服していく時代背景とシンクロする。テレンス・マリックの『ニュー・ワールド』のような美しくも哀しい歴史絵巻だと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バッハ。

3.0文明と芸術の関係について

ローチさん
2018年1月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

ポスト印象派の代表的画家、ゴーギャンのタヒチへの放浪を描いたドラマ。原案はゴーギャン自身が書いた伝記『ノア・ノア』だそうだが、映画化にあたって脚色はされている。

パリの文化を退廃的に描き、大自然と土着の文明が残るタヒチを人間の真実を見られる場所として描いているが、それがゴーギャンの世界の見方だったのだろう。

しかし、そんなタヒチは当時、フランスの植民地であり、どんどん西欧文明が侵食していく。芸術家として理想の土地を見つけた喜びとそれが自らの出身地によって侵されていく様に憤る様子が丹念に描かれている。

現地の若者に、ゴーギャンが彫刻を教えて、その若者が西洋人相手に彫刻を売り始めるのが象徴的だ。ゴーギャン自身で、理想とした文明を壊すことに、知らずのうちに加担してしまう。

ヴァンサン・カッセルが野性味あふれるゴーギャンを熱演している。いつもよりもかなり体重を落としてなかなかに見違えている。芸術と文明の関係について考えさせられる一作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ローチ

4.0タイトルなし

lilyroseさん
2019年4月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ヴァンサン・カッセル格好いいぃ😍
.
そんな目線で観始めたのも束の間
ゴーギャンは混沌としたフランスを離れ
1891年42才でタヒチへ向かった
生活に困窮 病に倒れ 家族に見放され
心身ともにボロボロ
その姿は見ているだけで苦しかった
.
この作品は
ゴーギャン自身が
現地で出会ったテフラとの愛の日々
神と自然とダイレクトに触れあった体験を書き起こした伝記小説
「ノア・ノア タヒチ紀行」 を元に描かれた映画
(NoaNoaはタヒチ語で「かぐわしい香り」の意)
.
1893年テフラと別れパリへ戻り
1895年再度タヒチへ
テフラには会うことはなかったそうです
1903年5月8日55才で死去
彼の作品にはテフラの姿が沢山残っています
.
映画は脚色されているとしても
ゴーギャンをちょっと知った気分の今
彼の作品🖼️を観てみたい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lilyrose

2.5勉強では人生は学べない

shimoさん
2018年11月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
shimo

3.0逃避行

2018年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

困窮し、パリから逃げ出すことを決意、家族や仲間からも見放され、単身タヒチに行く。
タヒチ美女と結婚するが、再び極貧生活に陥り・・・。
亡くなってから評価されたゴーギャン。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.5作品の背景を知るにはいいでしょう

さん
2018年10月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ヴァンサン・カッセルは好きな役者だけれども、あまりゴーギャンには見えず、風景もあまりタヒチっぽさを感じなかったです。
意図してやっている部分も伺えますが、汲み取りにくかった。

その中でポリネシアの人々は、まさにゴーギャン風で、イメージを喚起させるものがあります。

しかし名画の映像的再現というのは、(デレク・ジャーマンなど一部を除き)あまり面白いものでもなく、評価がしにくいですね。

作品の背景を知るという意味では、もちろん有意義で、違った視点で絵画鑑賞を楽しめるようになると思います。
伝記物はどうしても評価が低めになってしまいますが、それなりに観た甲斐はありました。

モームの『月と六ペンス』を読み直したい気分です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
凪

3.0ゴーギャンとの出会い

隣組さん
2018年3月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

この作品を通じてゴーギャンを初めて知りました。数々の絵画を拝見し名画と云われる理由を感じる事が出来たと思う。アッという間の102分でした。
2018-62

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
隣組

3.0少々退屈

2018年2月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

時折映るタヒチの景色は美しいものでしたが、ストーリーにメリハリが無いのか、しばしば眠気を感じる映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コモドドラゴン

3.5物を生み出すことの苦しみと情熱のよく表れた作品でした

2018年1月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

単純

知的

美しい原始の自然への憧憬と芸術への情動、貧困病苦という現実、実に人間じみた一人の画家の葛藤と苦悩。
愛と芸術の探求と放浪を美しい自然と映像で追った映画でした。

物語としては少々起伏に欠き、淡々とした印象でしたが、物を生み出すこと、作り出すことの苦しみと情熱のよく表れた作品でした。

欲を言えば、導入のパリでのシーンをもっと掘り下げてほしかったです。
情動というのは何にも勝る糧で、理知でまとまるようなものは真の芸術として評価されないものなのかもしれない、その対比を明確にしたほうが感情移入がしやすかったように思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちいまめ

3.0『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』

アキ爺さん
2018年1月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アキ爺

3.0自然

2018年1月21日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

単純

難しい

絵画フアンでゴーギャンの絵画は何回も観ているので
かなり期待して観たが物語自体は単純で盛り上がりもイマイチか
現地の自然の景色の描写は素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あまじん

3.0文明の桎梏を逃れて

2018年1月15日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

寝られる

ヴァンサン・カッセルがゴーギャンを熱演しています。
テフラと出会うシーンがいいですね。
それにしても芸術と生活の両立は楽園においても難しい?
タヒチにも是非行ってみたいです。
ストーリーにもうちょっとメリハリがあっても良かったかも。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
マリエル
「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」の作品トップへ