「人は都合よく過去の思い出を作ってしまう。」ベロニカとの記憶 Takashiさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

ベロニカとの記憶

劇場公開日 2018年1月20日
全21件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

人は都合よく過去の思い出を作ってしまう。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

青春の思い出とサスペンス的な要素がある作品。とても面白かった。40年前トニーとベロニカは付き合っていた。しかし、トニーは周りの友人たちから「トニーの親友のエイドリアンがベロニカと熱愛中」と聞かされる。嫉妬からトニーはエイドリアンに嫌味のこもった呪いの手紙を送る。その後、エイドリアンは自殺してしまったため、二人の中の記憶を封印してしまう。40年後に知った事実はエイドリアンの恋の相手はベロニカの母親・セーラだった。40年後にトニーとベロニカが面倒を見ている知的障がい者の「エイドリアン」の息子だと思い込むが、またも勘違いで彼はセーラの息子だった。エイドリアンの残した日記を書くベロニカは大切に持っていたがこれが周りを不幸にすると思い燃やしてしまったのだ。エイドリアンに出会ったトニーは、彼をベロニカの息子だと思い込んで40年前の過ちを繰り返そうとしていたのである。人は間違いを犯すものであり、ベロニカに過去の過ちをベロニカに手紙で謝罪する。そしてトニーは今の家族が自分を必要とされている事に安堵を覚えるのだった。

Takashi
さん / 2018年9月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報