「永遠にこの時を過ごしていたい…しかし時は進んでゆく。」あさがおと加瀬さん。 strahlさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

あさがおと加瀬さん。

劇場公開日 2018年6月9日
全16件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

永遠にこの時を過ごしていたい…しかし時は進んでゆく。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

内気な緑化委員 山田結衣と
陸上部のエースでボーイッシュ 加瀬友香という
正反対の二人の淡い恋模様を描いた作品。

原作未読ながら百合に関心があり主演が佐倉綾音さんと
いうことで先日2回目の劇場鑑賞を終えてきました。

高校2年終盤の保健室での告白、3年のクラス発表
自宅訪問、沖縄修学旅行の夏、進路決断の秋を
58分にまとめる技量に驚かされながら、
感情を美麗な背景や演出で表現されていたのがとても印象的で
喜びに繋がる「シャボン玉」や沈んだ感情を強く表すために
校舎に濃い影を落としたり、異常に夕日を輝かせたり
1シーン1シーンのこだわりをひしひしと感じました。

互いに互いを思う故に遠慮し
過ごしていた境遇や環境の違いから
2人の思想や行動に差が生じ、度々すれ違ってしまう。
過ちがあるからこそ青春であり、
そんなやりとりですらとても愛らしく思えました。

俗にいう肉食系で男勝りだけど芯は純粋な乙女の加瀬さんと
好き過ぎて溢れる思いを言葉に出来ない山田…。
スクリーンに釘付けになって気がつくとエンドロール。
主題歌の「明日への扉」
カバーのはずが、まるでこの作品ために
作られたのではないかと錯覚する歌詞で
本当にどこかのカラオケで歌っているのではないか?という
リアルとの地続き感を感じる選曲センスに脱帽しました。
……本当に最後まで抜かりがない。

冒頭で原作未読と書きましたが今では
パンフレットはもちろん原作単行本、カバーソング集や
劇場版Blu-rayを購入するほどのファンになりました。

幸せな作品との出会いに感謝しつつ
今後たくさんの「加瀬さんシリーズ」が
アニメ化されることを願っています。

strahl
さん / 2018年7月13日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報