「スキにならずに、スキでいる。」パンとバスと2度目のハツコイ YαSUさんの映画レビュー(感想・評価)

パンとバスと2度目のハツコイ

劇場公開日 2018年2月17日
全20件中、17件目を表示
  •  
映画レビューを書く

スキにならずに、スキでいる。

少し時間が経ってしまいましたが、
先日舞台挨拶付き上映会に行ってきました。

この作品の一番のポイントは
ふみ(深川さん)と、たもつ(山下さん)の
もどかしい距離感。
演技の実積が多くない2人だからこその
ぎこちなくもリアルな人間関係に
ムズムズしてくるような感覚。

2人の関係が今後どのように動くのか?
鑑賞後のお客さんの意見は見事に真っ二つ。
今泉監督の世界観が発揮されています。

"スキにならずに、スキでいる。"

このコピーが見事にハマっている、
今どきの恋愛の形が巧く表現された良作。

YαSU
さん / 2018年2月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  難しい 萌える
  • 鑑賞方法:試写会、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報