「映画の醍醐味フルコース」シェイプ・オブ・ウォーター syuici_badさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

シェイプ・オブ・ウォーター

劇場公開日 2018年3月1日
全564件中、5件目を表示
  •  
映画レビューを書く

映画の醍醐味フルコース

葛藤、差別、陰謀、冷戦、競争、階級格差、障害、ゲイなど様々なテーマが盛り込まれている。そのおかげで、映画に深みが出ているのだが、詰め込み過ぎてちょっと冗長に感じた部分もあった。しかし、そんなことは気にならないくらい引き込まれる。アカデミー作品賞も納得だ。

ミッション、ラブ、ホラー、コメディといった映画の醍醐味が詰まっている。特に、生き物を研究所から持ち出す場面は手に汗握りっぱなしだった。

どこかスピルバーグを彷彿とさせる撮影と演出で、映画ファンの心を鷲掴みにする。例えば、目だけに照明が当たる、停電していた電気が点くタイミング、悪者から間一髪のところで逃げる演出、カメラのフレーミングなどが本当にスピルバーグっぽかった。

マイケル・シャノンのキャラ設定は、ちょっとやり過ぎ感はあるものの、彼の演技によってリアリティが滲み出ていた。リチャード・ジェンキンスは、この物語を優しく見守る守護神のような存在で素晴らしかった。声が出ない難しい役柄に挑んだサリー・ホーキンスは、繊細な感情表現で観る者を圧倒し、彼女のキャリア史上No.1の演技を披露している。特に、生き物への想いを訴えるシーンは本当に感動する。本作で僕の好きな俳優さんがかなり増えた。

なぜストリックランドが、2人の掃除係の家を知っていたのか。そこに引っかかり、少しラストの盛り上がりに欠けてしまった。

syuici_bad
さん / 2018年12月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報