「記憶を忘れることは若返ること」蝶の眠り とえさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「蝶の眠り」 > レビュー > とえさんのレビュー
メニュー

蝶の眠り

劇場公開日 2018年5月12日
全23件中、22件目を表示
  •  
映画レビューを書く

記憶を忘れることは若返ること

思っていた以上に面白かった
最後は感動して、ホロッときてしまった

ひょんなことから出会った作家の涼子と、韓国人留学生のチャネ
作家志望のチャネは、やがて涼子の執筆を手伝うようになるが、彼女がアルツハイマーであることを知り…

もしも、自分がアルツハイマーだとわかった時に、まだ記憶が確かだったら、どうするだろうか
多くの人が、生きてきた証を残すのではと思う

その中で、動画や写真や絵を証として残す人もいるだろうけど、涼子にとって、それは小説だった

涼子はチャネに言葉を託し、チャネは言葉を小説にし、彼女が生きてきたことを示す証人となる

そのチャネにとって、涼子は師匠であり、同士であり、恋人であり、母のようでもある

神のみぞ知る偶然の中で出会った二人だが、涼子はチャネを通じて足跡を残し、チャネは涼子を通じて世界に羽ばたいていく

そんな二人の出会いは、万年筆が繋げた運命だったように思う

運命だからこそ、どんなに時間が経っても、気持ちが通じ合えるのだ

涼子の最後の決断に胸が締め付けられながらも
そうするしかない気持ちにすごく共感した

記憶をなくすということは、若返っていくことであり、
時間が経てば経つほどピュアになっていく涼子が印象的だった

だからこそ、この映画のタイトルは「蝶の眠り」でしかないんだろうなと思った

とえ
さん / 2018年5月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi