「生と死の物語 なのかな、と」海を駆ける Arielさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

海を駆ける

劇場公開日 2018年5月26日
全22件中、19件目を表示
  •  
映画レビューを書く

生と死の物語 なのかな、と ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

見終わった直後は、「意味不明」という感じでしたが
振り返ってみると、ディーンは、「死神」というか
「生と死を司る神」のような存在なのかな、と思いました。
死はあるとき突然訪れるし
人間の力ではどうすることもできないこと。
そうした神仕組みとか、運命みたいなものを、
擬人化したのかなと思いました。
なので、やはり、お母さんは、あそこで死ぬことになっていたのかな、と。
あの蝶はお母さんの魂だったのかな、とも思いました。

Ariel
さん / 2018年5月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報