猫が教えてくれたことのレビュー・感想・評価

猫が教えてくれたこと

劇場公開日 2017年11月18日
29件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

猫と人の関係性に注目するドキュメンタリー

トルコのイスタンブールはたくさんの野良猫がいることで有名だが、その猫と人、街の関係に焦点をあてた風変わりなドキュメンタリー。
街の歴史を丹念に紐解くとか、小難しいことはしていないが、この街になぜ猫が多いのかなどについての歴史的解釈に触れるシーンもある。7匹の猫とそれに関わる人々の交流を優しいタッチで見つめる作品だ。

「岩合光昭の世界ネコ歩き」は完全に猫だけを追いかけているが、こちらは猫と人のコミュニケーションを捉えている。人にとって猫がどんな存在か、ひいてはイスタンブールの独自性にどう猫が貢献しているかなどを見せてくれる。

野良猫たちが自然に街に溶け込んで、人と一緒に生活している様がよく伝わってくる。街の雰囲気や香りがよく伝わってくるので、イスタンブールを訪れた気分にもなれる。

ローチ
ローチさん / 2017年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

猫の姿を通じてその街の人々の息遣いが聞こえて来る

以前、イスタンブールを旅した時、確かにこの街には野良猫(野良犬も)が多いなという印象を受けた。世界の名だたる大都市とは異なり、この街にはいまだ猫と人間とが共存しあう場所が多く残っている。海に面しているので海産物のおこぼれを得る機会も多いし、また人間の側からすれば地下の排水路を行き交う鼠を撃退してくれる面でもありがたい存在だ。だがそれ以上に、この街は古くから征服し、征服され、国の名前や宗教までもが移り変わる歴史を経てきたからこそ、人間の側にもあくまで“仮住まい”として猫たちと共存する気風が生まれているのかも。そんな風土と人間と猫が織り成す日常が心地よく伝わって来る観察ドキュメンタリー。何が起こるわけでも、感動的な展開が待っているわけでもないが、ただそこに映像が流れているだけで、この街をフラリと旅したような気分になれる。たったそれだけで満ち足りた気分になれる。そんなナチュラルな映画だった。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年11月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

猫と人との距離

野良猫の多い都市イスタンブール。そこには人と猫との共存の暮らしがあって…。
海外レビューサイトで高評価を記録した猫ドキュメンタリー。猫と人との暖かい物語がある一方で、高層ビル化していく街が猫の暮らしを崩壊させる問題提起もなされる猫好き必見の作品です。

shotgun
shotgunさん / 2019年3月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トルコイスタンブールの街と猫のドキュメンタリー

劇中では詳しく語られていないが、
トルコの首都では再開発ラッシュが進んでいるが綿密な都市計画があるわけではなく経済活性化の為だけの建設ラッシュということで住民からは支持されているとはいいがたいみたい。
茶白のママ猫「サリ」、
ブラシが大好きなキジトラメス猫の「ベンギュ」、
ネズミ退治を仕事にしている長毛白黒「アスラン」、
嫉妬深い白黒メス猫「サイコパス」、
下町の市場に住む三毛っぽい白黒オス「デニス」、
遊び人風白黒ハチワレ「ガムシズ」、
デリカテッセンにいつも美味しいエサをもらっている礼儀正しい灰色と白の洋猫「デュマン」
そのほか大量の赤ちゃん猫が登場するため、鳴き声に反応するうちの猫たちの反応が面白かった。
完全室内飼育派なので外で暮らす猫たちやそれを自然な形という人の意見には賛同しかねるし人の食べ物を与えすぎとかエサを地べたに置かないでとか猫飼いは些末なことが気になってしょうがなかった。
特にこれといった主張もなくイスタンブールの猫達に地元の猫好きは癒されていますよ、って映画。

個人的下書き
個人的下書きさん / 2019年2月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うちの猫が一番!なんて誇らしげな猫好きとは違い、街の外猫達の性格を...

うちの猫が一番!なんて誇らしげな猫好きとは違い、街の外猫達の性格をかみ砕くように語るイスタンブールの人々が微笑ましい。
妙にリアルな性格分析で、猫事情そして猫の三角関係までわかってくる。
猫と戯れ、顔を緩ませる人々に心地よさを分けてもらい、画面いっぱいの猫のアップに、猫の心のを読み取る。
猫がいるイスタンブールの街、ゆったりした雰囲気に最高の旅気分に浸る。

Chiharu
Chiharuさん / 2019年1月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イスタンブールの猫

イスタンブールに生息するいろんな猫を追いかけている。
NHKの「岩合光昭の世界ネコ歩き」の方が面白い。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年11月10日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ねこが気ままにいる映像の癒し。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

結構キツイ風邪をひいてしまい、熱だ咳だで映画どころではなくなってしまった2018年1月上旬でしたが、快癒第1弾にこれをを見ました。結構混んでてびっくりしました。そんなに猫好きかい?って思いました(あたしがゆうのはおかしいですが…)。

岩合さんが撮ってないけど世界ネコ歩きinイスタンブールって感じです。世界ネコ歩きとか世界ふれあい町歩きとかが好きな人が観ると楽しい映画です。

志村どうぶつ園とか、どうぶつ大好き!(TBSの2時間バラエティのシリーズでそんなんあったと思う)とかが好きな人には泣かせポイントもオチもないし、血統書付きのビューティーちゃんもいないしでてつまんないかもしれません。
地上波よりBSに癒されるという方は是非見てって感じです。

カフェには入らないしお客さんに食べ物をねだらないけど、お腹減ったらカフェの窓ガラスをかしかしかしかししてご飯を要求する子が可愛かったです。
お家入れて!のポーズが、横向きで片手でノックするみたいに見える黒白の子も可愛いかった。

あとは子猫を産んだばかりという子が3匹出てたかな。子猫もいっぱい。みゅーみゅーゆうてました。
問答無用で愛おしい、できたてほやほやの命の声は、胸の奥がしゅんって湿ります。目の奥がじゅんって滲みます。

町の人たちの幸せそうな感じにも、癒されました。
疲れた心身が、ふわっと緩み、ちょっと眠くなるのもご愛嬌ということです。

だいず
だいずさん / 2018年1月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

野良猫との共存

野良猫と共存するイスタンブールの街並みが綺麗でした。一度は行ってみたい街。ただ前半は眠気に襲われzzz…
2018-11

隣組
隣組さん / 2018年1月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

猫と人との繋がり

イスタンブールの街で生きる猫と人との繋がりを描く。人と猫の視線を交差させて不思議な関わりを見せてくれる。登場する猫の個性が良かった。

Momoko
Momokoさん / 2018年1月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

疲れました

これまであまた訪ねた都市の中でもダントツにお気に入りのイスタンブールが舞台で、
可愛いニャンコ達が出て来る、
これは見逃せない!

そうそう、街の音、人々のトルコ語の響き、
チャイ、市場、

と、ワクワクして観ていたものの、

ひたすら猫と人間が次々出てくるだけ。

ドキュメンタリーのせいなのか
カメラワークもブレやすく
画面を観ているのがだんだん辛くなってきた。

Naomi
Naomiさん / 2018年1月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トルコの街と猫

トルコで暮らす猫たちのドキュメンタリー。
猫目線で、トルコの街並みを探検するのはスリリングで新鮮で楽しい体験であった。
関係者(人間)の証言とカメラでのストーキング活動により、それぞれの猫格が存分に描かれておりこれまた楽しい。
歴史的にも猫と人とが共存してきた街だからなのか、人も猫たちのライフスタイルを尊重して暮らしているのが素晴らしいあり方だなと感じた。

とはいえ、トルコも都会は近代都市化、建物の高層ビル化で猫たちの住処が追いやられつつある。
これは岩合さんが言ってたのか、それとも本作で言ってたのか忘れたけど、猫は最も身近に感じられる野生だという。激しく共感。

人類だけに最適化された街ではなく、もっと広い目線であらゆる生物に開かれた街、の方が人類にとっても魅力的になるはず。
ジブリじゃないけど、土から離れては生きられないのよ。
人間よ、驕りが過ぎるぞ、と我が家の猫を眺めつつ自らを戒める。

sannemusa
sannemusaさん / 2018年1月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

猫。愛おしくて謎で敵わない生き物

12月30日。今年見納めの映画に、感慨深い映画に会えました。猫がいる町は人間も生きやすい町だというけれど、それを証明する映画でした。
私も一猫飼い(猫に同居してもらってるだけですが)として、まったく種の違う生物とどうして心が通じるのか不思議に思っていましたが、この映画でそれは全然不思議じゃなく、そういうもんだよねと納得しました。
人間は言語だけがコミュニケーションツールだとやっぱり思いすぎなんですよね。猫も人も宇宙人。猫かぶってるっていうのは猫の毛皮を着てるから。私も毎日内の猫と会話してました、ちゃんと、そういえば。

かおぞう
かおぞうさん / 2017年12月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

野良猫と共存する豊かなイスタンブール

イスタンブールの猫をフィーチャーしながら、イスタンブールの街や住人たちの模様を描き出したドキュメンタリー。

個性豊かな猫たちとイスタンブールの市民たちが、互いを尊重し合いながら、どこかでお互いに寄りかかり合って生活しているさまが微笑ましい。猫の求めに応じて漁師や魚屋が魚を投げ与えたりする風景は、野良猫には餌を与えるなっていうのよりも、どこか数等豊かに見えた。

しばしば挿まれる空撮によるイスタンブールの風景も綺麗。2013年の夏の終わりに訪れたイスタンブール、夜中のスルタンアフメット広場で野良猫と遊んだのを思い出した。もう少し治安が良くなったらまた行きたい。

猫が足元にまとわりついて体重をかけてくるときの、あの心地よさを思い出して気持ちが温かくなった。

YouTubeの有料サービス「YouTube Red」のオリジナル作品とのこと。

2017年 通算39本目

SungHo
SungHoさん / 2017年12月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱり猫がダイスキ♡

猫を飼わなくなって約20年経つけど、あのフワフワで柔柔な触り心地はいつまでも忘れられない

40年程昔、私の子供の頃はそこかしこで野良猫を見掛けたけど、最近では家の窓際に居る猫を見ただけでも今日はいい事あるんじゃないか!と思う程レア体験になりつつある…

病気とか衛生面では色々有ると思うけど、
やっぱり猫が居る暮らしはいいな♡

イスタンブールは猫でいっぱい!

羨ましいなぁ(•ᵕᴗᵕ•)

rinrin
rinrinさん / 2017年12月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

猫に教えてもらったこと

 数年前にイスタンブールを一緒に旅した娘と鑑賞。彼の地の風景を懐かしむことができた。
 しかし同時に、この映画の思いもよらぬ深いテーマに驚く。猫と人間の係わりを描くことによって、我々がどのような社会を生きているのかを明らかにする、これは一つの都市論または社会論である。
 街のあちこちに野良猫が暮らす風景は、かつて日本でも珍しくはなかった。しかし、ペットの飼い方に関するマナーと、ペットとそうではない動物を峻別する思想の普遍化により、野良犬や野良猫たちの生活圏が縮小されてきた。
 コンクリートとガラスで囲まれ、マーケティングという価値観で整備された都市空間には、野良猫たちの居場所はない。そして、彼らに餌をやろうとする人々もまた、そのような都市からは排除される。
 確かに野良猫が巷に溢れる町に住みたいとは思わない。糞尿、食べ残しの餌、荒らされるゴミ、春の夜の恋歌。できれば御免蒙りたい迷惑である。
 これらは言わば、人間にとってのノイズである。
 だが、少し前まで、我々の生活空間にはこの程度のノイズが溢れていた。このノイズは何も動物だけが撒き散らすものではない。隣家の物音や他人のたばこの煙も同様である。
 たばこを吸えない空間が拡がることと、野良猫と人間が交流する町が狭くなることは、一つのことに基づいて全世界で進行している。
 それは生活空間からあらゆるノイズを除去し、マーケティングの法則に準拠した暮らしを人々に促す。
 そこに暮らす者たちは、自然の成り行きとして、他者の発するノイズには不寛容になる。隣人の喫煙は許さず、庭に侵入する猫を許さない。
 私もまた、非喫煙者であり、夜中の猫の鳴き声を疎んじる者である。しかし、かように他者のノイズに不寛容な社会では、我々もまた、ノイズを出さぬように息を潜めて生きて行かねばならないのではないか。いや、他者にしてみれば、自分の存在そのものがノイズ以外の何物でもない。
 このような、他者への不寛容と無関心が拡大している社会を我々は生きている。果たして、そこにどれほどの幸福や安らぎがあるのだろうか。
 猫に教えてもらったことは、存外に重い事実であった。

よしただ
よしたださん / 2017年12月19日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人と猫の距離がとても近い街

映画としては、特に優れた作品、というほどではありません。イスタンブールか猫の、どちらかに思いのある人でないと、見ていて退屈するかも知れません。

私はイスタンブールにしばらく住んでいたので、街の様子やトルコの言葉、そして街中にいた野良猫をとても懐かしく思い出しました。イスタンブールに着いて間もない頃、アパートのカフェにいた猫に本当に癒されました。街中の至る所に猫がいて、街の人たちに愛されているのは、映画のまんまでしたね。

今何かと物騒なニュースばかりが目立つトルコですが、人びとは大変穏やかで、映画のイスタンブールが、まさに普通の日常生活そのものです。

この映画を見てイスタンブールに行ってみたいという人が増えたらとても嬉しいです。

Trss
Trssさん / 2017年12月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

気軽に観られる良い映画

人間と猫との関係性を通じて、知り得たことがドキュメンタリー調に語られる。肩肘張らずに、ぼんやり観ると良い。トルコイスタンブールの風景が色鮮やかで美しい。猫は出会った人を覚えている。神様は人間に試練を与えた。猫は神様からの贈り物。猫に出会えた人間が幸せを感じている姿がとてもほのぼのとする。観ている方まで幸せになる。生き方を知ること、という台詞。音楽や演出もミニシアターサイズで良い。終わった後に、猫飼ってみようかと思う。

Kumiko
Kumikoさん / 2017年12月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かわいい系映画ではない

思ったより、かわいい系映画じゃなかったにゃん
癒されまくる映画かと思ってた。

結構、人間ぽかったネコたち。
ネコに「は?ネコだけど、なにか?」と言われている気がした。

街の人たちにとって、ネコはとても大切な存在ということはすごくわかる

CinemaExpress
CinemaExpressさん / 2017年12月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  幸せ 寝られる 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

猫映してるだけやんけー。

驚きも感動も感嘆もなくただただ普通の猫をずーっと見せられても眠くなるだけ。こんなつまらんドキュメンタリー久しぶりにみた。予告編だけ見れば🆗だね。

peanuts
peanutsさん / 2017年12月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

猫好きさんにオススメ!

ストーリーはないですけど、猫をいっぱい見て幸せな気持ちになれます。
いわゆる外猫さんたちの実際の暮らしをただ撮っているというものですが、トルコの人達が外猫さんたち(野良猫さんたち)と、どのように共に暮らしているかがわかる映画です。
日本で暮らす私たちとは、また違う考え方の部分もあるかもしれませんが、(トルコではまだ殺処分とかはないのかな)共生している姿を描いているという感じです。
カメラの位置が猫目線の高さなのが良かったです。

pippin555
pippin555さん / 2017年12月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

29件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報