台湾より愛をこめて

劇場公開日

  • 予告編を見る
台湾より愛をこめて

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で注目を集めた大野拓朗が主演を務め、落合モトキ、岡本夏美ら若手俳優たちの共演で描く青春ロードムービー。売れない漫才コンビの雄介と光一は、訪れた台湾で歌手を目指している少女リンと出会い、互いに夢をかなえて5年後に再会することを約束して日本に帰国する。しかし、2人はその後コンビを解散。雄介はピン芸人としてお笑いを続け、光一は夢をあきらめてサラリーマンになっていた。一方、リンは夢をかなえて台湾の人気歌手へと成長。そして約束の日を数日後に控えたある日、雄介と酒を酌み交わしていた光一が突然、「今から台湾へ行こう」と言い出す。

2018年製作/61分/G/日本
配給:ユナイテッドエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
三浦駿斗
製作
伊藤久美子
プロデューサー
たちばなやすひと
長田安正
エグゼクティブプロデューサー
伊藤久美子
カメラマン
小向英孝
音響効果
伊藤伸司
ミキサー
東圭吾
音楽
Nagacho
主題歌
Ms.OOJA
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)「台湾より愛をこめて」製作委員会

映画レビュー

2.5台湾ドラマみたい

Shiroさん
2018年4月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

パスポートもないのにすぐに台湾へ行くとか、現地在住邦人がスリだったとか、ありえないことが普通に起きてサラッと流されていくところが、向こうのドラマ見てるみたいでした。
映画でみるほどの内容ではないかなと思いました。
役者さんはみなさん上手でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Shiro

3.0役者がうまい

Scottさん
2018年4月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

いきなりクサイ台詞が出てきて「うわー」ってちょっとひく脚本なの。役者さんのやりとりもちょっとテレビの街歩き番組っぽくて、なんかおかしいの。

それでも観てられんのは役者がうまいんだろうなと思った。落合モトキも岡本夏美も「もっと、やれるよね?」って演出だったんだけど、それでも観ていられる。

内容はありきたりなんだけど、役の配置が面白いなと思った。夢を叶えた人、夢を追い掛けてる人、夢を諦めた人っていう。

制作イトーカンパニーなんだよね。色々と挑戦的な映画つくるから、面白い事務所だなと思ったよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Scott

2.0全体的に薄い印象

2018年4月9日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
らいおん

0.5うーむ。映画でやる意味なし

ビビさん
2018年3月25日
iPhoneアプリから投稿

なぜ?コレを描きたかったのか?映画だから通りやすい企画でとこの内容なのか?もはや、監督だけでなく、プロデューサーにも責任すら見えてくる酷い映画です。いや、映画ではない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ビビ
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る