「腐れるクソ映画」ハード・コア アサシンさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ハード・コア」 > レビュー > アサシンさんのレビュー
メニュー

ハード・コア

劇場公開日 2018年11月23日
全63件中、9件目を表示
  •  
映画レビューを書く

腐れるクソ映画

不器用な右翼の兄貴、遊び人商社マンの弟。
ロボお陰で埋蔵金何十億か濡れ手に粟。
その前に右翼の内紛で兄貴は捕まりそうになり、南国へ逃避。
純粋、これが、単に世間知らずで、自意識過剰なだけやろ。

山田孝之はどんな映画でも自然体とゆうか、何をしてもそれらしく見えるのは大変なことです、うざいが凄い演技かもしれない。
対して、佐藤健は精彩を欠く。いつもの間が無くて、とにかく上手く演じようとして、不自然な感じがなんだ、山田を意識しすぎか。

右翼にしても、製作者は何も知らないんだ。
埋蔵金で世直しとか。日本刀振り回すとか。
薄い解釈で悲しくなる。

展開もセリフも演技も最低。
山田の思い入れだけが空回りしている。
そして、みんなが気を使うが、一途な山田の目的をみんな感じないから、全部が空回り。

それにしても、松たか子は最初だけ出て、その後の出る女全て化け物ばかり、気持ち悪くて吐きそう。

アサシン
さん / 2019年3月1日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報