「実に昭和劇画的」ハード・コア 映画鑑賞1000作さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ハード・コア」 > レビュー > 映画鑑賞1000作さんのレビュー
メニュー

ハード・コア

劇場公開日 2018年11月23日
全63件中、12件目を表示
  •  
映画レビューを書く

実に昭和劇画的

原作未読だが、政治思想色あるちょっとヤバめな感じが設定かと思ったら、実にエログロナンセンス(しかも実に安っぽい)で程良い感じのくだらなさに、ちょっとハマった。
コミック的というより、昭和劇画的な映画だった。こういうのは、本当後から来るタイプの作品。
山田や佐藤という安定スター俳優を使い、多少汚れな演技もさせる事を含めこの映画のプラス魅力だが、ロボオの存在(そのマヌケなフォルム含め)がこの映画をぶっ飛びクレイジー作品にしてる。
細かい設定や説明力はこの映画には期待してはいけない。深く考えず、ただ身を任せて観るべし。
後半、怒涛の展開が待ってるかと思ったが残念ながらさほど起こらず、ラストで多少の哀愁が残る、まさに昭和劇画調な作品。

映画鑑賞1000作
さん / 2019年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報