「愛すれば本当のひとりになってしまう」さよならの朝に約束の花をかざろう nekomusumeeeeさんの映画レビュー(感想・評価)

さよならの朝に約束の花をかざろう

劇場公開日 2018年2月24日
全216件中、20件目を表示
  •  
映画レビューを書く

愛すれば本当のひとりになってしまう

別れはイオルフの民でなくても訪る。
実際に『こんな悲しいことがあるなら、出会わなければ良かった』と思うこともありました。

「愛すれば本当のひとりになってしまう」と教える長老が愛することを臆病になってしまった背景も気になります。

ただマキアのエリアルへの愛は純粋で一途で一生懸命で。

最後、マキアとエリアルのたくさんの思い出が綿毛となって飛んでいくシーン、とても感動しました。

別れは辛いばかりではない、それに尽きます。

nekomusumeeee
さん / 2018年11月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報