「過去最高の駄作」映画ドラえもん のび太の宝島 usatakoさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

映画ドラえもん のび太の宝島

劇場公開日 2018年3月3日
全79件中、45件目を表示
  •  
映画レビューを書く

過去最高の駄作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ネタバレあり

みんな面白いと書いてたりするけれど、前席に座っていた小学生の男の子たちが、終わった後に言った話し合っていた言葉が、「ねぇ、どこが面白かったの?」。これに尽きる。

歌スキップ。
道具の説明スキップ。
細かな描写スキップ。(着地して、安全確認などする描写などのスキップし、次の場面に移動することしばしば)
何故か過激な描写はスキップせず。

昔の作品では、「ドラえもん、そんな説明はいいから、早くなんとかして」という、のび太の願いがあったけど、その願いは果たされたようだ。

面白みにかけたのは、はしょりすぎた監督と、盛り込みすぎた脚本家の問題なんだと思う。
簡単にまとめると、ラノベをアニメ化したら肝心の部分が省略され続け、原作ファンの説明がなければ一切イミフな映画だと思う。特に秘密道具は、予備知識集をもっておいた方がいい。
とにかく時間内に無理矢理収めた感、半端なかったし、小さい子供向けではなかった。描写的にも小学生高学年より上かなと思う。

でも、歌だけは良かったので、星つける。

usatako
さん / 2018年3月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi