CHAOS;CHILD SILENT SKYのレビュー・感想・評価

CHAOS;CHILD SILENT SKY

劇場公開日 2017年6月17日
1件を表示 映画レビューを書く

自ら選んだ道(ネタバレ注意) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

全体的な感想としては、まだまだ謎なことはありましたが、拓留は、世莉架との関係を「普通の女の子になってほしい」という理由で自ら絶った(記憶を上塗りした)ことに対して、後悔はしていないと言って嬉し泣きをしていたり、世莉架に「あんたなんて大っ嫌い‼」と言われたときには、嫌われることにより、関係を絶てたんだということにより嬉し泣きを含んだ悲し泣きをしたりと、とても泣くことに対して、様々な感情を詰め込めたなと感心しました。
この映画を3点に分けると、まず作画ですが、正直なことを言うと、結構枚数が少ないなと思いましたが、セリフが多かったので、
原作重視の作り方かなとおもいました。
次に、話の作り込みですが、拓留が、世莉架の記憶を変えるときに、世莉架が、「私のしたいことを奪わないで」、といって、拓留を助けさしてほしいと願っていたのに対して、いまでは世莉架が、拓留から、昔に世莉架が拓留に言った「今の君にしたいことはある?」と聞かれたのに対して、「友達だった人かもしれない人を救うため」と、拓留が願ってた普通の女の子みたいな「したいこと」を言った時に拓留が望んでたことが叶ったんだと思い、同時に世莉架の普通の日常さ拓留が自己犠牲で成立さしたと考えると、悲しくなり、とても話が作り込まれいるなと思いました。
最後に終わりかたですが、部活のメンバーの4人は普通に生活できるようになり、よかったのと同時に、拓留は自分で選んだ道で、自己犠牲によって得た幸せがあり、ハッピーエンドとバットエンドを掛け合わせた終わりかた、つまりこれがTRUEエンドなんだと思います。

カマキリ太郎
カマキリ太郎さん / 2017年6月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi