「漫画ちっくな演出に心が踊る」The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ GreenTさんの映画レビュー(感想・評価)

The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ

劇場公開日 2018年2月23日
全68件中、10件目を表示
  •  
映画レビューを書く

漫画ちっくな演出に心が踊る

オールド・ミスが2人と思春期の女の子5人しかいない南北戦争時の女学校に、コリン・ファレルのようなフェロモンドクドクの男が来て、トラブルにならないわけがない。ニヤニヤさせてくれたソフィア・コッポラ監督はやはり女のツボを押さえてらっしゃる。『マリー・アントワネット』を観た時、「この人は絶対ベルばらを読んだに違いない」と思ったくらい、日本の少女漫画のテイストを理解する監督だと思った。今回も、戦争で男とほとんど接していない「処女性」を表すかのようなホワイトのコットン・ドレスや、男が1人現れることによって女たちが着飾る色とりどりのシルク・ドレスなど、女だったら心が踊る漫画ちっくな演出が素晴らしい。

GreenT
さん / 2018年3月10日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi