「石原監督作品としてはやや平凡かも」映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me 猫シャチさんの映画レビュー(感想・評価)

映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me

劇場公開日 2018年1月6日
全47件中、9件目を表示
  •  
映画レビューを書く

石原監督作品としてはやや平凡かも

やや変則的なロードムービーという体裁を取りつつも、六花と勇太が旅を通してお互いの関係性を再認識するという物語。ふと見せる六花のしぐさが表情が可愛くてたまりませんし、"かけおち"をする2人を追う面々の道中記(?)も楽しく、ファンムービーとしては申し分ない作りです。

ただし、1本の独立した映画として見ると、お話の起伏に欠ける事と、ラストのオチが無難過ぎる事でやや物足りない印象も。同じ京アニ製作で比較的似たようなテーマの「たまこラブストーリー」に比して、また、「ハルヒ」「ユーフォニアム」等の石原監督の過去作に比べても、ちょっと脚本が弱いかな・・と言った印象もあり。

全体に陽性で、見ていて微笑ましく元気が貰えるような作風は好印象。ラストは多少思わせぶりな締めで終わりますが、明示されてる関係としてはあくまで"キス止まり"な2人なので、ちゃんと男女の仲になった六花と勇太も見て見たいな・・と思ったり。可能であれば続編を希望したいですね!

猫シャチ
さん / 2018年1月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報