グッド・タイム

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
グッド・タイム
グッド・タイム
13%
45%
35%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

東京国際映画祭で東京グランプリと最優秀監督賞を受賞した「神様なんかくそくらえ」のジョシュア&ベニー・サフディ兄弟が監督・脚本を手がけ、「トワイライト」シリーズのロバート・パティンソン主演で描いたクライムサスペンス。ニューヨークの最下層で先の見えない生活を送る青年コニーと弟ニック。ある日2人は銀行強盗をしようとするが、ニックだけが逮捕され刑務所へ送られてしまう。ニックが刑務所内でいじめられ、暴れて病院へ移送されたことを知ったコニーは、弟を救うため病院へ忍び込むが……。弟ニック役をベニー・サフディ監督が自ら演じるほか、「ヘイトフル・エイト」のジェニファー・ジェイソン・リー、「キャプテン・フィリップス」のバーカッド・アブディが共演。

2017年製作/100分/R15+/アメリカ
原題:Good Time
配給:ファインフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • クリーピー 偽りの隣人
  • 招かれざる隣人
  • ロスト・フロア
  • ライアー・ハウス
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • 恐怖ノ白魔人
  • 恐怖ノ黒鉄扉
  • ABC・オブ・デス
  • ABC・オブ・デス2
  • メキシコ・オブ・デス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2017 Hercules Film Investments, SARL

映画レビュー

4.0作劇の概念すら破壊する怪作にして快作

村山章さん
2017年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

脚本会議にかければ絶対通らないだろうと思ってしまうハチャメチャな映画だ。粗雑な強盗をやらかした若者と、知的障害を持つ弟の逃走劇……みたいなプロットは最初だけ。そのあとはあれよあれよと脱線に脱線を重ねるので先読みが一切できないのだ。

本作を観ていると、普段の自分たちがいかに「定番」とか「お約束」に毒されているのかを思い知る。メッセージや深いテーマがあり気なラストシーンも、つい「映画だから何かを読み取らなくちゃ」と考えてしまうわれわれ観客のさもしさを笑っている気さえする。

この映画の凄みは、どこを切ってもチンピラの犯罪者を主人公にしたジャンル映画であるにも関わらず、「今、何を観てるのかわからない」という状態が終始続くこと。しかもこれだけ好き放題やっているのに、前衛とかアートの香りもしないのだ。非常に当惑すると同時に、ほかでは味わえない刺激に満ちている。監督の術中にまんまと気持ちよくハメられたものである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
村山章

4.0面白かった

yuyuさん
2020年7月20日
iPhoneアプリから投稿

数年前に映画館で見た。変なストーリーだが、幾つものシーンが忘れられない。難解な映画でもない。スピード感があり、音楽の使い方も良かった

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yuyu

3.0何がgood time なんだろ…

はるさん
2020年2月9日
Androidアプリから投稿

トワイライトシリーズの時は全然かっこいいと思わなかったけど、今回はちょっとかっこよかったです!
ストーリーは、計画も雑な上、あり得ないところでとんでもないミスをしでかしてしまったりだとか、けっこういいかげんな感じだった…かな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はる

2.5違う一面を見た

2018年11月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

この、サフディ兄弟の監督作品は観たことがなかったですね。初です。
何気に兄弟で作品を創っている人達って居ますよね!

所で、この作品で弟を犯罪に巻き込み、巻き込んだ上で助け出そうと必死な兄コンスタンティンを ロバート・パティンソンが演じ、ハンディキャップを持つ弟ニコラスを、監督のベニー・サフディが演じています。

精神科でカウンセリングを受ける弟を半ば無理やり連れ出し、自信を持たせる為?に、銀行強盗の片棒を担がせるやり方って云うのは、この最下層で暮らす兄弟って言う所で理解できるかな。
ただ、弟だけが逮捕され 責任を感じたか感じないかは不明だけど、とにかく弟を助け出したい思いだけで、無計画(行き当たりばったり)に突き進むお兄ちゃん。

最後はアッサリ幕を閉じたけど、終わりのシーンでカウンセリングの最中の質問に答える弟の方が、ある意味まともに見えた。

それにしても、ロバート・パティンソンって 今まで全く興味がなかったけど、この作品を観てイメージが変わったかも。
因みに、ジェニファー・ジェイソン・リーは端役な上に、若干アタマの沸いてる役でした(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
m@yu-chan-nel
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る